芥場峠の霧氷

画像
 奥多摩の名山、といえば百名山に選ばれている雲取山、ということになるのかもしれないが、あの山は、山系から言えば、奥秩父に属するほうが自然な気がする。東京方面から見て、奥多摩の名山と言えば、大岳山が見た姿といい、名前の大きさといい、ふさわしいような気がする。ちょうど、丹沢における大山のような感じかもしれない。東京で雨が降ると、大岳山が白くなる。これは、雪かと思ったのだが(もちろん雪のことも多いだろうが)今回(3月19日)大岳山に登ってみて、霧氷であることを知った。もちろん、大岳山の直下の霧氷もきれいだが、御嶽神社から1時間ぐらいで到達する、芥場峠の霧氷も、とてもきれいだった。時間が経つと、すぐに融けてしまうので、早立ちが必要だが、我々が通過した11時ごろは、この霧氷が溶け出しているところだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック