「あの道 この道」羽村

 古い趣味のノートを整理していたら、朝日新聞に連載されていた「あの道 この道」というシリーズのスクラップが出てきた。おそらくは、30年ぐらい前のもので、いつかは歩いてみたい、と思ってスクラップしたもので、24コースばかり残されていた。その中に、羽村のコースがあって、ビックリした。羽村といえば、今から40年以上昔に、青梅街道をドライブして(正確には、便乗して)花見に行った記憶がある。そして、羽村の花見は今も健在で、昨日(4月2日)見ごろになった。
画像
お店が出ているのは、玉川兄弟の銅像がある、羽村の堰あたりだが、羽村市内の多摩川の堰堤はずっと桜並木が続いている。上流は、特に穴場で、阿蘇神社の境内にあたるあたりは、土曜日にもかかわらず、席はガラガラだった。桜並木は、福生市内の多摩川堰堤にも続いていて、福生団地あたりは、昔は穴場だった。
 羽村は、隠れたチューリップの名所で、運が良ければ、桜とチューリップとの両方が楽しめるが、咲いている早咲きのチューリップはあるものの、鑑賞するには、もう一息のようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック