『曹操』 陳舜臣著

 民主党代表選が、たけなわである。陳舜臣氏の『曹操』を読んだ。曹操は、漢王室の簒奪者と見られているが、必ずしもそうとはいえないようだ。彼は晩年に「魏王」になり、実質的な皇帝として振舞ったことは確かだが、漢王室を簒奪はしなかった。小説の科白を紹介してみる。
 「簒奪ということばは使いたくない」「天命だ。天命を待つ。天命は何も劉氏を選ぶとはきまっていない」振り返って、小沢氏のことだ。小沢氏は明らかに、菅氏からの簒奪を狙っての立候補だった。漢と菅とが同じ、というのも偶然だが面白い。しかし、小沢氏が本当に人望があるものなら、天命が決めるだろう。どちらにしても、彼が曹操たりえなかったのは、小沢氏のためにも、残念である。



【中古】afb【古本】曹操 下/陳舜臣
古本市場オンライン 楽天市場店
作者:陳舜臣初版発刊月:1998年11月ハードカバー小説ISBN:4120028615

楽天市場 by 【中古】afb【古本】曹操 下/陳舜臣 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【中古】【古本】曹操 上巻/陳舜臣
古本市場オンライン 楽天市場店
作者:陳舜臣初版発刊月:2001年03月文庫小説 約15x10cmISBN:4122037921

楽天市場 by 【中古】【古本】曹操 上巻/陳舜臣 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック