写真データの処理

 暮れに、約一年分の写真のデータを処理した。プリントアウトしたい写真が、なんと500枚を越していた。とりあえず、アルバムにしたいデータを300枚ばかり選んで、プリントにした。そもそも、まだ未処理のデータは「まだ」というファイルに一括する。この作業をする過程で、プリントアウトしたいデータに○を付けた。その上で、「まだ」のファイルをコピーする。コピーしたデータから○だけを残して、他は削除する。○の付いたデータを、プリントした、というわけであった。こうして、プリントの後を削除する。残りのデータは、USBメモリに、ジャンルごとに、年号を付けて保存、という手はずになっている。
 ちょっとした必要があり、08年の聖岳のデータを探したら、見つからなかった。どうやら、このころにデジカメを変えたので、古いメモリにそのままの形で、残っている、と推測しているのだが、まだ発見していない。それにしても、メモリの値段が、昔と比べて、信じられないくらい、安くなっているのには、ビックリである。容量の小さなメモリは、役に立たないので、「断捨離」すべきなのだが、何となく気が重い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック