迷った時の打ち方

 女流アマの強豪である、金井和子先生と、お話しする機会があった。先生は、若き日に、木谷道場で、趙治勲大先生と、肩を並べて碁の研鑽をされた、という筋金入りの打ち手で、三子を置いても、なかなか勝たせてはもらえない。雑談の中で、同僚が、打てば打つほど悪くなることがあるんですよね、とこぼしていた。そういう時は、打たない方(手抜き)が良い場合もある、との話をされていた。迷った時には、相手の立場にたって、相手が打ちたい場所に打つ、のも考え方としては、面白い、と話されていた。このことは、薄々は感じてはいたことだったが、改めて、大いに参考にしたいと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック