城 百名山の想い出⑦

 城と百名山、というと真っ先に上がりそうなのが、岩木山と弘前城だろうか、東北には岩手山・盛岡城とか、飯豊山・会津鶴ヶ城とか、枚挙にいとまがない。ただし、城と山の両方が好きな東日本住人にとっては、ほとんどが別々の行動になっているのが、残念だ。信州にも名城が多いが、同様だ。このブログは、「城と百名山の想い出」ではあるが、主に西日本に偏っているのは、仕方がない。
画像
 ①祖母山・岡城 百名山に似合う城は、やはり山城だろう。竹田は滝廉太郎の故郷であり、岡城は、石垣のきれいな山城だった。大昔、この城の麓をおんぼろ車で走ったことがあったが、祖母山の帰りに、念願の岡城へ登城した。桜や紅葉の季節は、絵になる城だと思う。
 ②伯耆大山・月山富田城 山中鹿之助ゆかりの城である。ほとんど、麓には遺跡らしいものはないが、山の上まで歩くと、城跡らしい広場などがあり、山好きの人が登っても、満足できそうな城である。大山の近くには、鳥取城もあり、石垣の風情が、とても良かった。この城は、山城もあったが、こちらは次の楽しみにとってある。
画像
 ③妙高山・春日山城 たまたま「天地人」をやっている時だったので、人出がなかなか多かった。謙信や兼続ゆかりの城である。道がきれいに整備されていて、やや公園のような風情もあるが、お城からの展望もなかなか良かった。麓には、お寺が、資料館もあった。近くに、高田城もある。
 ④伯耆大山・小谷城 こちらは「お江」やもちろんお市の方ゆかりの城である。大山の帰りに寄ったが、百名山としては、伊吹山の近くである。車でも登れるが、むかしながらの登山道を歩くのが、お勧め。上からの眺望がよく、麓には立派な資料館もある。
 ⑤大峰山・高取城 山城でありながら、幕末まで現役の城であり、立派な石垣が苔むしている。鬱蒼とした場所にあり、蛇が出てきたので、びっくりした。ここも、車道があるが、ある程度は歩いたほうが、雰囲気が味わえる。
画像
 ⑥阿蘇山・熊本城 天下の名城であり、日本一の登城数を誇る。最近、御殿が復元されて人気だが、個人的には、宇土櫓を天守閣から眺めても、逆に宇土櫓から天守閣を眺めても、良い景色なので、気に入っている。知られざる、西南戦争の戦跡でもある。
画像
 ⑦恵那山・高遠城 この城は、3度登城した。やはり、エドヒガンザクラのころは、絶品だが、人も多くて落ち着かない。夏はひっそりとして、空堀に野花が咲いていた。今度は、城下町のお寺をターゲットに、訪ねてみたい。近くには、江島屋敷もあり、こちらも名所である。
 ⑧荒島岳・丸岡城 こじんまりした城で、日本でも最古の天守閣の一つある。五月だったので、ツツジやフジの花が、天守閣に映えて、良かった。荒島岳の近くには、大野城という城もあるが、以前行ったので、この時には寄らなかった。
 ⑨蓼科山・臼田城 深田久弥の「大河原峠」という紀行文に、峠から臼田へ出て、小諸から帰った文があった。我々も、蓼科の帰りに、大河原峠を経由して、臼田城を見学した。五稜郭と並ぶ、西洋式の築城である。今も学校の敷地なので、観光には不便。
 ⑩開聞岳・鹿児島城 城よりも城山の方が、景色も良く、隆盛終焉の地もあり、人気がある。行った年は「篤姫」ブームのころで、ポスターと、記念写真を撮ってきた。城のそばの、私学校跡の石垣には、西南戦争の弾跡が残っていて、歴史を感じる。
 ○大峰山・伊賀上野城 大峰山に登る前に、登城した。実は100名城スタンプラリーの、一番最初の城である。石垣の美しさは、日本でも一二を争う。場内に、芭蕉ゆかりの庵もある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック