変化 どきゅめんとハクナイショーⅩⅡ

 術後、色の感覚が鋭敏になったのは、間違いない。いつもの散歩コースのクルマのドアが、事故か何かで、ドアごと取り換えられていたことなど、色の微妙な差は、術後初めて知った。もっとも、あまりにも見えすぎて、細かい汚れが目立って、気になって、しょっちゅう掃除ばかりする人もいるかもしれない。話では、あまり、変化がなかった、という人も皆無ではないそうである。確かに、案内のパンフレットには、あまり視力が出ない例、というものも幾つか出ている。その中の一つに、強い近視、というものがある。自分の場合、まさに、強い近視なので、左眼の場合、矯正の視力は、手術前と同じ(今後、良くなる可能性はある)ようなものだ。しかし、根本的に改良された点がある。裸眼で本が読める、というのも一つだが、それ以上に、モノが大きく見えるようになったのが、劇的な変化だ。パンフレットでは、実物大の大きさに見える、とあるが、それまでは、無理やり視野を狭く、小さくして観ていたことになる。変な話、右眼は視野がやや狭かったのだが、術後は、改善された。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック