原発ポリス

 3.11から一年がたった何にもまして、原発事故は、悔しい。原発のあった双葉郡には、多くの町村がある。これらの町は、原発城下町なのかと思ったが、全部が全部そうでもないらしい。そもそも、今回の原発事故の不幸の一つに「フクシマ」と名付けられたことがある。ある、震災直後、福島県のスキー場では、どこか遠い場所の出来事で、自分たちには関係ない、と思っていた、との話があった。しかし、実際にはキャンセルの続発で、容易ならざる事態である、と悟ったとのことだった。周辺の観光地が軒並み、深刻な打撃を受けたので、福島県であるだけが、ダメージだった、とは即断できないが、放射能の分布を見れば、福島県の会津地方は、少なくとも茨城県や栃木県よりも、放射能は少ないように思う。にも拘わらず、いつまでも、福島県への風評が続くのは、原発のネーミングにも、関係があると思うので、本当に気の毒だ。
 福島県浜通りでは、多くの町で、原発の誘致合戦があったようだ。中には、第一次の原発誘致合戦(東電)に敗れて、第二次の原発誘致合戦(東北電力)にも敗れたような町があったり、広野町のように、原発ではなく、火力発電で、東電の城下町となった町もある。当然のことながら、原発を誘致した町には、豊富な原発マネーが入り、そうでない町村は、間接的に潤った町村や、若者が原発関係に出て行って、深刻な過疎を引き起こした町村もあるようだ。本来なら、適当な町村合併をして、双葉郡全体が潤うような方向に行けばよかったのだろうが、一度手にした権益を、別の形にする勇気は、どうやら持ち合わせなかったようだ。当然のことながら、それぞれの町村で、東電に対する、感情その他思惑に微妙な差があるのは間違いない。政府は、双葉郡内に、中間貯蔵施設を要求しているが、もともと思惑が違うので、一致団結するのは、無理のように思う。勇気のある町が、手をあげて、日本や福島県のために、猫に鈴をつける役をしてもらうしか、ないだろう。福島県内の人が、福島は、原発のおかげでお金や雇用を賄ったのだから、福島県内で、処理すれば、当然のように、県外の人は思うかもしれないが、首都圏のために電力を送ったのだから、首都圏の人たちにも、少しは負担してほしい、というような話が載っていた。同感である。少なくとも、首都圏の人は、原発反対派だろうが、原発賛成派だろうが、お世話になったことは、間違いがないのだから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック