新緑トレッキング 御岳

 例年、歩き初めは腰が重く、今年もとうとう5月にくい込んでしまった。2年前、武州御岳山神社に、百名山達成のお願いをしたことがあった。確か、百名山達成まで、残り17山を数えるタイミングの時だった。達成すれば、お礼参りをするつもりにしていたのだが、ついつい延び延びになっていた。御岳山は、通常、ケーブルカーの駅前に、駐車場があり、それまではそこを利用して、歩いて登っていた。やはり、2年前の5月17日に、鳩ノ巣の町営駐車場に停めて、御岳山へのピストン登山をしたら、なかなか良かったので、今回も、この鳩ノ巣裏参道コースをたどることにした。6時43分に出発した。2年前と同じ場所で、道を聞いたら、やっぱり直進だった。違ったのは、途中のコースで、立派な林道をたどり、さらに迂回するコースで、7時25分にバットレスの東屋に着いた。折から、雨が降ってきたので、しばらく様子を見ることにした。対岸は、バットレスの巨岩が見え、さらに山桜などが咲いていた。雨がやまないので、じっくり新緑を鑑賞したら、緑だけでも百色ぐらいありそうで、なかなか感動的だった。
画像
ここで、帰る選択もあったのだが、何とかやみそうだったので、40分休憩して、8時05分に出発した。足元には、スミレ、道端にはヤマブキやニリンソウが華やかに咲いていて、我々を励ましてくれた。1時間半かかる大楢峠は8時57分に通過した。いつもは、ここで、小休止なのだが、バットレスで、大休憩をしたので、今回は、パスして、そのまま御岳へ向かった。このあたりから、ヤマザクラの花が目立ってきた。遠くの山にも、淡いピンク色が見えるのだが、登山道には、はらはらと花びらが舞っていた。見上げると、はるか高いところに、桜が咲いていた。峠からのコースは、本当にトレッキングコースで、楽しい。水場を二度経由して、左手に大塚山が見えるあたりに、御岳まであと1キロという表示があった。おそらくは、あと15分ぐらいだろうと、当りを付けた。やがて、御師の家が見えると、焼却場がある。ここで、嫌な臭いを経験した。ごみの臭いではなくて、ドブの臭いだった。せっかくの、観光コースなので、まったくのぶち壊しで、青梅市は、緊急に何とかしてほしい。観光立国、スイスなどは、排水は、下まで地下トンネルで送っているはずだが、臭わないだけの、何らかの対策は、やってほしいと思う。
 
画像
さて、10時23分に神社に着いた。出発から3時間40分、途中の休憩時間を抜いて、ジャスト3時間と、予定通りだった。GWの谷間の日、ということで、まあまあの人出だった。100名山達成のお礼をして、さあて、と思っていたら、再び雨模様となった。しばらく、社務所で雨宿りをした。予定では、長尾平で花見だったのだが、雨なので、帰ろうと思った矢先、また雨が止んだので、予定の長尾平へ向かった。
画像
満開の桜もあり、葉桜の桜もあったが、遠くの山にも山桜が咲いていたので、芝生で花見をしながら、お昼の休憩にした。初めは見えていた、遠くの桜が、やがて、ガスで見えなくなってしまった。
画像
長居は無用なので、11時半をめどに帰ることにした。しばらく、雨は止んでいたが、途中からは小雨になり、基本的には、傘をさしながらの下山となった。峠は。12時30に通過、バットレスの東屋にちょうど13時に着いた。予定通りの、時間だった。ここで、若干の休憩をして、13時08分に出発、鳩ノ巣の駐車場に着いたのは、13時38分だった。筋肉痛が出るかどうかは、明日にならないと分からないが、それなりの疲労感で、無事に下山した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック