百名山の最高地点ポイント

 世の中には、マチガイ百名山が横行しているような気がしてならない。もちろん、この場合の「百名山」は、深田久弥氏の「日本百名山」のことであり、この百名山のカンチガイバージョンが、世の中に時々見られるのである。大雪山であるべき百名山が、旭岳にすり替わっていたり、大峰山であるべき百名山が、八剣山もしくは八経ヶ岳になっていたりするような例である。深田は、百名山を制定するにあたって、多少の例外はあるが、概ね、大きな山塊を「百名山」に想定している。ざっと例を挙げると、大雪山、八甲田山、飯豊山、吾妻山、那須岳、丹沢山、八ヶ岳、穂高岳、大峰山、九重山など、枚挙にいとまがない程である。もちろん、深田も歴史上の人物だったので、深田がこだわった後方羊蹄山が単に羊蹄山に変遷したり、同様に早池峰が、早池峰山として認識されているのは、これはこれで、山の認識の問題ではなくて、山の名称の問題なので、個人的には許容範囲、と考えている。似た例としては、利尻岳から利尻山、黒岳と水晶岳の問題も、類似の例になるかもしれない。
 もはや「日本百名山」は巡礼であるから、どこかで、「心の御朱印」をいただかなければならない。そして、その「心の御朱印」の場所を、どの場所にするか、という個人的な問題がある。概ねは、山頂とされているポイントだが、山頂が複数あったり、山頂が登山禁止だった場合は、到達可能な最高地点となる場合も多い。親切なのか、不親切なのかは、よく分からないが、巻機山などは、最高地点のはるか手前に、「山頂標識」があって、ツアーの団体登山向きには、適切な処理とも思える。
 今回、草津白根山に行くにあたって、いろいろ調べてみたら、いろいろ不可解なことがあった。昔から、草津白根山の地図を眺めて、白根山と本白根山とがあり、どちらが本当の「草津白根山」か、迷ったことがあった。改めて「日本百名山」の原文を読んでみて、いくつかの発見があった。まず、深田の認識では、白根山の方が「草津白根山」としての認識度がやや高いことが分かった。理由は、草津白根山の標高が2162米と原書に記されていることが一つ。もう一つは、「元白根山…の方が十数米高いから、これを草津白根山の本峰とすべきかもしれない」と、微妙な言い回しで、元白根山であるという断定を避けているからである。まあ、結論はどうでも良いのだが、確かなことは、どちらの山頂にも、現在は登山道がないという事実である。しかも、ややこしいことに、本白根山には、山頂のピークとは別に、三角点があり、こちらは明確な立ち入り禁止となっている。深田は、今日のような「百名山巡礼」を想定していなかったのは当然だ。彼は、「草津白根山には絶頂を極めて快哉を叫ぶといった山ではない…この山の特色は頂上よりもむしろ、断崖をなした火口壁や火口湖の妙にある」と述べているので、この景色があり、草津白根山の標識がある場所が、「深田百名山の巡礼の地」と言えそうだ。今のところ、大体の見当はついているが、実地に行ってから、報告したいと思っている。「探勝歩道最高地点」というポイントは、一度行ったことがあるのだが、ただ、この標識があっただけの、つまらないポイントに思えた。ただし、現在ははたしてどうなっているのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック