五日市ハンデ

 久しぶりに、五日市囲碁同好会の定例会へ出席して。この会は、一般の段位と同じようなものだが、六段からは、六段半→七段→七段半と刻みが、細かくなり、最高位は八段半、ということになっている。それは、それで良いのだが、今回、新しいハンデ表、というものをもらった(正確には、見ただけ)。驚いたのが、世の中に出回っている、一段差一子ではなくて、一段差一子+白六目半というハンデになっていたことだ。中押しで決まれば、関係はないが、細かい碁になれば、六目半のハンデは、相当に重いように感じる。ちなみに、このハンデの根拠は、同段=互先黒六目半ハンデ、半段差=黒先ハンデなし、一段差=黒先白六目半ハンデ、一段半差=二子ハンデなし、二段差=二子白六目半ハンデ…というようになるらしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック