地図もせいけん交代

 4月に、4年連続となる関西へのドライブ旅行を計画している。昨年の秋(正確には、12月だったので、初冬なのだが、晩秋の紅葉狩りに行った)は、たまたま中央道笹子トンネル事故とバッティングして、心ならず、新東名を帰ることになった。それはそれで良かったのだが、困ったのがナビさんが古くて、使えなかったことだった。そういえば、関西のドライブで愛用していた「ルチェール広域関西」の地図も、ずいぶんと古くなったので、今回、思い切って新しい「ライトマップル関西道路地図」を購入した。前者が1/10万分の一、後者が1/20万分の一なので、精密さは随分と劣るが、何よりも、新しい道路が載っていることがうれしい。
 今回、法隆寺救世観音を拝観して、途中桜の吉野山経由、那智勝浦へ走る、紀伊半島縦断ドライブを計画した。すると、古い地図では、国道169号線そのものが、途中で「消滅」していて、愕然とした。もちろん、文明の利器を使って、現在は、走り抜けられることを知って、一安心したわけだが、1990年版では、さすがに時代遅れなので、今回、地図を更新したわけである。新しい地図は、情報が新しいことは当然だが、何よりもとても薄くて、古い地図の1/4よりも薄いぐらいで、値段も半分以下だった。詳細な地図は、今後ネットや、ナビさんで検索することにして、地図もようやく「せいけん交代」ということになった。せいけんとは「精見」を予定していたのだが、実際には「精研」という語彙しか、辞書にはないようだが、それはどうでも良い。そういえば、ナビさんもせいけん交代か。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック