知覧 富屋食堂ホタル館 のんびり湯ったり薩隅周遊⑩

 午前中の武家屋敷とお城の見学で、観光的にも、お腹は一杯だったが、せっかく知覧に来たので、ホタル館富屋食堂へ行くことにした。知覧特攻平和会館は、日本人は一度見に行くべき義務があると思っている。ただ、前回、気持ちを込めて、拝観したので、今回はパスして、富屋食堂へ行くことにした。
画像
平和会館でも印象的だったが、わずか17歳で子犬を抱いた隊員の写真が印象的だった。ホタル館の名の由来になった話も、印象的だった。ホタルのとまった梁も示されていた。ホタル館で一番に衝撃的だったのは、特攻を志願する夫のために、子ども二人を道連れに自殺した妻の話だった。また、朝鮮人でありながら特攻した隊員や、地元知覧出身の隊員、二度も特攻に失敗して、三度目に自爆して、特攻の記録にない隊員の話、死後45年もしてからトメさんの話で、隊員の特攻の消息が分かった話など、トメさんに直に関係したエピソードなので、とても身近な感じで、心に深くしみこんだ感じがした。それにしても、我々が、じっくり見学していた間に、一人の見学者も現れなかったのも、ショックだった。ツアーの客は、時間不足で仕方がないが、個人客は、ぜひ訪れてほしいと思った。この日も、15:30には、チェックインすることができた。この日は、夕食がなかったので、食べに行く必要があったのだが、昼の賑わいと違って、ほとんど食堂らしき店がなかったので、苦戦を強いられた。末広温泉は、なかなか泉質が良かったので、二度も入った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック