山奥の村

 「八重の桜」に、河合継之助が登場した。彼が亡くなったのは。奥会津の只見である。地図で見ると、とても山奥で、わざわざ、そこを目的に旅をするモチベーションまでは、なかなか高まらないのだが、東北の山旅の帰りに、奥只見を縦断して、小出ICへ抜けるために、このルートを通ったことがある。というのも、新潟側の浅草岳に登ったことがあり、知っている道までなら、会津から案外近いような気がしたからだった。途中に、河合継之助記念館の幟がたくさんたなびいていて、喜んで入館したのだった。
画像

 今年の春に、十津川村をクルマで走る機会があった。十津川村も、地図で見る限り、とても山奥で、奥只見同様、ここを目的に旅をするモチベーションはなかったのだが、たまたま、予定していた国道が、通行止めになり、ここを通らなくては目的地へ行けなくなり、仕方なく、通ったのだった。しかし、十津川村は、以前から興味があった村なので、郷土資料館へ寄ることができて、いろいろと参考になった。この村には、玉置神社という世界遺産の神社があり、ここの神代杉は、屋久島の縄文杉ほど知られていないが、今度機会があったら、ぜひ、ここを目的に行ってみたいと、思っている。
 奥只見村と十津川村ともに、ついでに旅をして、とても失礼なことをしたのだが、両村共にとても山奥にはあるものの、昔のイメージよりは、格段に道路状況が良くなっている。特に、十津川村などは、有料道路並みの国道が、工事中なので、便利にはなるのだろうが、山奥のイメージは変化するかもしれない。
 かつて、白川郷が世界遺産ではない時代に、髙山から一日かけてバスで旅をしたことがあった、まさに秘境の艦があったのだが、現在は、高速道路が走っているので、秘境感はまったくなくなったようだ。五箇山に行った時は、すでに高速が開通してからだったので、なんと便利な山奥になったのだろうと、思ってしまった。
 四国の奥祖谷は、道路事情が多少は良くなったとしても、なかなか行くのは骨で、当分は、秘境の気分が味わえるかもしれない。剣山の帰り道に、一度ここを走ったが、ここにそびえている三嶺には、ぜひ登ってみたいと思っている。九州の山奥といえば、高千穂峡がそのイメージだったが、阿蘇側からツアーのバスで越えたことがあったが、案外に便利だった。今のところ、民謡で有名な、「五木村」と、「椎葉村」は、今もって山奥のイメージはあるのだが、本当の所は、どうなのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年06月12日 06:26
ファティマ第三の預言とノアの大洪水について。
ブログを見てもらえるとうれしいです。
h ttp://ameblo.jp/haru144


第二次大戦前にヨーロッパでオーロラが見られたように、
アメリカでオーロラが見られました。
ダニエル書を合算し、
未来に起こることを書き記しました。
エルサレムを基準にしています。


2018年 5月14日(月) 新世界
2018年 3月30日(金) ノアの大洪水

この期間に第三次世界大戦が起きています。

2014年 9月17日(水) 荒らすべき憎むべきものが
聖なる場所に立って神だと宣言する

2014年 9月10日(水) メシア断たれる

この期間に世界恐慌が起きています。

2013年 7月3日(水)メシヤなるひとりの君(天皇陛下)
御国の福音が宣べ伝えられる

2013年 5月15日(水) エルサレムを建て直せという命令が・・・


天におられるわれらの父とキリスト、
死者復活と永遠のいのちを確信させるものです。

全てあらかじめ記されているものです。
これを、福音を信じる全ての方、
救いを待ち望む全ての方に述べ伝えてください。

この記事へのトラックバック