南三陸の光明

 現在、「きらり東北の旅 日本縦断こころの旅」は宮城県を走破(?)中らしい。宮城県の津波被災地である、陸前高田、南三陸、石巻などの様子を見て、変わらないところと、やや変わったところとを、興味深く拝見している。陸前高田は、今年の秋にも訪れたが、まだ「道の駅 高田松原」が、休止中なのが、傷ましかった。ほとんどの道の駅が、営業を再開している中で、いつまでも休業しているのは、応援のし甲斐が減るので、早く再開してほしい。おそらくは、名前の「高田松原」が、悲惨なことになり、「奇跡の一本松」の復旧に力を入れ過ぎたために、そこまでは、まだ余裕がないのだろうと、察する。それに比べれば、南三陸には、チリからのモアイ像などが届けられていて、復興の槌音が感じられて、部外者としては、ほんの少しばかりではあるが、ちょっぴり光明が見えてきたのかな、と思った。
画像
今回、石巻は素通りしてしまったが、前回の時に「又来るよ」と書いたので、教会が復興したら、再訪したいと、願っている。日和山からの風景は、確かにこぎれいには変わってきたようにも感じたものの、本質的には、これから、復興が始まるのだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック