完敗なのか

 ワールドカップブラジル大会、日本代表の戦いが終わった。サッカー好きとして、ワールドカップについて、一度もブログに書かないのも、残念なので、一回だけ書いてみる。まるでビデオテープを見ているように感じたのは、8年前、ドイツ大会との類似点だ。コートジボアールからの連続失点は、オーストラリア戦の生き写しのようだった。コロンビア戦との前に、中田・ジーコ対談で、あの時(ドイツ大会)と、非常に似ている、と話していたのが、気になったのだが、はたして同じ結果になった。試合結果を見る限り、完敗である。ただし、攻める体制で、カウンターを受けて、大敗するのは、サッカーでは、常道みたいなものなので、得点は気にすることはないのだろう。
 日本人の能力からして、チームの方針として、守りを固めて、カウンターを狙う戦いは、合っていないように思う。しかし、まあ、チームプレイで、コツコツやるのが、国民性としては、合っているような気はする。ただ、余りにも型にはまりすぎる傾向が強く、ザックジャパンが目指した、3バックを、チームとして、使えるまでの能力や、時間が足りなかった。結果として、使えなかった。
 もともと、この大会の組み合わせでは、勝ち残る可能性は5割、と見たいたのだが、戦い終わって、やはりそのくらいの確率だったのだろうと、納得した。メディアの観測が、楽観に過ぎたのは、いつものことだが、雰囲気としては、持ち上げたから、落とすような結果になるので、あまり良い気はしない。
 もともと、パスは良く出すが、シュートを打たないのが、日本の特徴だったのだが、昔よりも、シュートが打てるようになったことは、収穫だと思った。スーパースターをないものねだりしても仕方がないが、よりエリア内から、打つように心がければ、結果は、もう少し違ったかもしれない。一番の問題は、「精神」なのだろうか。Jリーグが始まったころに、日本が、本当に強くなるのは、Jリーガーの2世の時代だろう、と勝手に予言したことがある。時代的に言って、そろそろ、その時代が近づいているかもしれないと期待している。まだまだ、日本のサッカー文化が、未熟なことが、最大の敗因だと思うので、今後に期待したい。日本代表、お疲れ様でした。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック