小野子山木漏れ日ハイキング

小野子山木洩れ日ハイキング              2014/10/30
 山には、何十年前から知っていて、それでもなかなか登る機会がない、いわば無縁の山があるが、逆に、全く知らなかったのに、急に登ることのできた有縁の山、という山もある。小野子山は、後者の山である。最近は、山のついでに温泉に入る、という旅から、温泉に入るついでに山に登る、という旅に変わりつつある。今回は、先に四万温泉が決まり、近くの山を探すことになった。最初の候補が、岩櫃山だったのだが、鎖や梯子を敬遠して、小野子山へ行くことにした。ひと月ほど前、赤城山に登ったので、ほぼ、同じ手順で、関越道に入った。ただし、秋も深くなり、朝の4:00というのは、全くの深夜状態だった。前回と同じく、上里SAで、朝ラーメンを食べた。降りたインターは、一つ先の、渋川伊香保インターで、目標が、道の駅おのこ、だった。ここから、すぐに小野子山登山口右折の道路標識があったのだが、入るとすぐに、道路閉鎖で、回り道の看板があった。結局、古いガイドブックが役に立って、何とか小野子山登山口の駐車場へたどり着いた、ようやく、太陽が顔を見せてきた時刻で、駐車場からは、正面に榛名富士の雄姿が見え、周辺が朝日に輝いていた。
画像
準備をして、登山を開始したのは、6:45で、少しだけ林道を歩くと、いきなり正面に、きつい階段の、小野子山への登山道が見えてきた。面白かったのが、入口の両側にアザミの花が咲いていて、まるで可愛い仁王様かと思った。
画像
しばらくは、階段の急坂で、早くも息が上がりそうだった。いきなりの急登は、会津駒ヶ岳など、幾つか経験があるが、ここの登りも、一番に入るぐらいきつい登りだった。やがて、階段は終わるのだが、その上も、急な坂が、まっすぐに伸びていた。たどり着いた場所に、NHKの中継基地があり、どうやら、古くからの山道ではなくて、このアンテナ基地のための、新しい道のように感じた。ここからの道は、やや登山道らしくなるのだが、岩が多く、名前とは裏腹に、なかなかハードな道だった。秋も終わりに近いが、野菊の咲き残りや、リンドウの花などがあり、その点では、なかなか楽しい道だった。
画像
紅葉は、ところどころに、モミジやカエデ、ドウダンツツジの紅葉があり、朝の光にキラキラと輝いて、なかなかきれいだった。
画像
もう一つ、足元にも、小さな紅葉もあり、これもなかなか、面白い景色だった。
画像
情報で、アップダウンが厳しいことは知っていたが、ほとんど登り一方の、険しさだった。最初の目標は、途中の雨乞い山なのだが、後ろに目標の小野子山、右手に雨乞い山の見えるポイントがあり、初めて山の姿が見えて、ファイトがわいてきた。
画像
雨乞い山の一つ手前には、コルがあり、この辺りからは、麓の様子や、榛名山なども見えてきた。雨乞い山の頂上にたどり着いたのは、7:55ということで、1時間10分の経過だった。ここで、5分休み、8:00に小野子山へ向けてスタートした。いやになるほどの、長い下りがあり、気分的に嫌になるが、我慢して下って行った。予定では、1時間ぐらいで、着くはずなので、9:00が目標ということになる。下りきると、再び、きつい登りになったが、うねるように登るので、まるで筋トレをしているような感じだった。右手には、先ほど登ったばかりの赤城山もきれいに見えていた。クマザサの緑が見えてくると、ちょっと標高が高くなってきたと感じた。同じような、急な長い登山道を三つばかり登った果てに、小野子山の頂上の標識が立っていた。
画像
時刻は、8:55だった。山からは、多くの山が見えていたが、ほとんど真北の方向に、谷川岳が見え、周囲の山々もきれいに見えていた。
画像
目を転じると、浅間山が大きく見え、遠くには、はるか槍穂高も、かすかに見えていた。
画像
残念ながら富士山はここから見えないそうだが、表示板には、雲取山も見えるとのことだった。ちなみに、平ヶ岳だけは、白く見えていた。
 山頂では、ブランチのおにぎりが定番で、今回の小野子山の山頂も、同じくおにぎりのブランチをした。時間的には、先の山も行けるのだろうが、下り道を見てしまうと、登り返す気持ちになれないので、予定通り、ここから下山することにした。出発は、9:30だった。帰りは、太陽の方向へ進むので、紅葉がさらにきれいだった。
画像
それにしても、下りは、きつかった。気が遠くなるほど、下るのだが、そんな中で、気持ちを和ませてくれたのが、リンドウの華麗な花だった。登る時にも、花は見えていたのだが、時間が早くて、まだ花は閉じていたのだが、下りの時刻は、暖かくなってきたのか、そろってきれいに咲いていた。
画像
かつて、尾瀬に行った時に、タテヤマリンドウの花が、行きは目立たなかったのだが、帰りに、きれいに咲いていたのを思い出した。下りは、ストックや、岩や木につかまりながら降りたのだが、とんでもない、危機一髪の出来事があった。急な坂道を木につかまった時だった。いきなり、腕の太さぐらいの木が、ぽきりと折れた。
画像
瞬間、やばいと思ったのだが、次の瞬間、右手で、別の樹の幹をがしっとつかみ、事なきを得た。この瞬間、体は、宙ぶらりんで、一緒に登っていた妻のM子は、ミノムシ状態だった、とのことだが、冗談抜きで、びっくりした。つかんだ右腕に、疲労感はなかったので、何とかなるとは思ったものの、崖の途中に宙ぶらりんで、足場は全くなく、腕力だけが頼りなのだが、近くに、適当な、登り返すのに必要な木が見つからず、ちょっぴり焦った。何とか、少し上に、目標になる樹を見つけて、飛びついた時は、ほっとした。奇跡的に、全く傷もなく、精神的なダメージもなかったので、良かったが、そばで見ていた、M子の方が、とんでもないシーンを目撃したので、心配である。とにかく、雨乞い山の、長い登り返しを登って、一息ついたら、ザックのポケットに入れていた、ポカリの500の瓶がなくなっていることに気が付いた。きっと、身代わりになってくれたのだと思った。雨乞い山を通過したのは、10:20だった。ここからも、負けず劣らず、長くて急な下り坂だったが、つかまる樹だけは、慎重につかまった。NHKの中継所までくれば、もう少しである。最後の階段を下りきり、可愛い仁王様に挨拶をして、駐車場へ戻ったのは、ちょうど11:00だった。小野子山登山口駐車場には、立派な四阿があり、そこに登山マートがあったので、簡単な感想と、転落事故の顛末を書いておいた。とにかく、つかまる枯れ木には、御注意を、である。ここでしばらくのんびりして、出発した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック