唐招提寺 晩秋古都の旅③

 12月3日 (水) 二日目 7:00からの朝食に早めに行ったら、すでに大勢のお客がいた。我々も、奈良茶漬けにしるしをつけて、係りに渡すと、窓際の良い席を案内された。
画像
何よりも、興福寺の三重塔が、景色の主役のように見えていたので、とても感激した。五重塔はともかく、三重塔は、いつもはひっそりと、目立たない場所に立っているので、存在感が薄い気がしていたのだが、ここからはすっかり主役だった。『冬雲や 三重が主役の 奈良ホテル』まだ光は届かずに、シルエットだったが、それが一幅の絵になっていた。奈良茶漬けの、朝食セットも、とても美味しかった。
画像
せっかく、特等席を用意してもらったので、とても去りがたく、この至福の時を、もっと長く居たかったので、特注で、モーニングコーヒーを注文した。値段も聞かずに、頼んだのだった。基本の値段は500円だが、値段以上にコーヒーの味そのものが、バランスが良くて、とても美味しかった。
画像
食後に、庭を散歩しようと思ったら、ティーラウンジの側から、素敵な散歩道を紹介してもらった。奈良ホテルに泊まる人は多いと思うが、この散歩道を知っている人は、少ないのではないか、と思った。モミジは、やや終わりかけているが、朝の光の中に、輝いているモミジは、とても素敵だった。
画像
満足して、部屋に戻り、この日の計画を立てた。もともと、奈良の紅葉の名所と言えば、談山神社が有名なので、こちらへ行くオプションもあったが、すでに散り始めている、という情報もあったので、普通に観光してみることにした。唐招提寺の金堂の修復が終わったので、久しぶりに、行ってみることにした。奈良ホテルの場所は、平城京の外京に当たる部分で、唐招提寺は、言わずと知れた、西の京である。クルマで、走るルートがすべて、平城京の領域なので、平城の都は、随分と広かったことが、実感された。途中、朱雀門の近くを走って、西の京へ行くと、左手に薬師寺の新しい甍が見えていた。唐招提寺の駐車場があったので、そこに車を停めた。門からは、正面に修復されたばかりの唐招提寺の金堂が、左手には、モミジが見えて、今ならではの景色を醸し出していた。
画像
何よりも、静寂なのが良かった。まっすぐ、金堂まで歩いて、久しぶりに、盧舎那仏、千手観音、薬師如来の三仏にお会いした。盧舎那仏の光背は、千仏がびっしりとかかっているのだが、シルクロードを見てからは、千仏というと、シルクロードを思い出すので、平城の都が、シルクロードの終点ということが、実感として伝わった。シルクロードと言えば、唐招提寺金堂の列柱が、エンタシスで、これもなかなか日本離れした景色かと思った。
画像
千手観音は、写真で見ると、お顔がふっくらとしていて、やや散漫な感じも受けるのだが、実物の千手観音様は、すっきりとしていて、やや下の方から、仰ぎ見るのが、良いポジションなのかと、思った。薬師如来様は、光背の形が、薬壺の形をしていて、像を引き締めている感じがした。本当は、少し離れた場所から、ライトアップされた姿が、ベストポジションだと思うのだが、そのような形の、拝観があれば、ぜひ、もう一度、拝観に来たいと思った。金堂の後ろには、講堂があった。
画像
平城京の建物(朝集殿)で、現存する唯一の建物なので、とても貴重なものだが、そんなことは構わず、さりげなく建っている感じがした。考えてみれば、鑑真和上が生きていた時代の、唯一の建物であり、鑑真がここで講義をした可能性もあるわけで、そんなことを考えると、身が引き締まる感じがした、講堂には、日本最古の、鎌倉時代の、高座のようなものがあった。また、仏像もあったのだが、木彫の四天王が珍しい、と思って拝観していたら、解説の人が来て、台座は鎌倉時代の捕作との説明だった。鑑真和上の像は、年に3日間しか開扉しないので、「御身代わり像」が新しく造られて、祀られていた。せっかくなので、和上のお墓にもお参りすることにした。ビロードのような、素敵な苔が我々を迎えてくれた。
画像

 唐招提寺には、お会いしたい仏様がいたのだが、新宝蔵は閉館していた。唐招提寺と言えば、もう一つ、戒壇院が重要なので、最後にここを見学した。昔来た時には、宝塔があったかな、とちょっと、記憶と違いがあった。ここの保存は、いまいちで、ちょっと心配な感じがした。初冬に近い季節なのに、戒壇院の前の池には、菖蒲が咲いていた。
画像
予定はなかったのだが、薬師寺へ行く散歩道があったので、歩いてみることにした。途中に、薬師寺の北門の跡があり、随分と大きな寺だったことが実感された。薬師寺まで行くと、何か工事をしているようで、雰囲気も良くなかったので、そのまま踵を返して、もとの唐招提寺へ戻った。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック