北原版「三国志」

画像
 中国の歴史は、国土が広いので面白い。その中でも、三国志は、人気ナンバーワンだろうか。と言っても、通して三国志を読んだのは、横山版「三国志」ぐらいなものなので、余り自慢にはならない。知人が、宮城谷版「三国志」を読んでいて、曹操のファンになった、と話していた。宮城谷の中国小説は、自分も大ファンなので、ぜひ宮城谷版「三国志」は読んでみたいと思ってはいるのだが、まあ別の三国志を読んでからでも良いか、と思って読んだのが、最近亡くなられた、陳さんの「曹操」だった。曹操が主役なので、曹操は悪くは書かれていないのだが、有名な曹操悪人説の代表でもある、頼っていった知人の一家を、錯覚で皆殺しにするエピソードについては、触れていたような気がした。しかし、陳さんの「曹操」は人間曹操に重点が置かれて書かれていたので、戦争については、あっさりした記述になっていた。一方、北原版「三国志」の方は、さまざまな人物が主役として書かれていて、やや散漫な感じはするが、戦争そのものについては、なかなか詳しく書かれていて、面白かった。今までの、三国志では、ざっとしか書かれていなかった、呂布については、前半の主役として、書かれていて、それなりに面白かった。中国へ行った時、地方劇を見たのだが、それが「三国志」の下りで、呂布が登場する場面だったので、とても興味深く感じた。三国志の中に、馬超という英傑がいて、いつの間にか、劉備のもとで活躍するのだが、実は劉備軍に参戦するまでの話しが面白く、後半のヒーローの一人だった。その他では、呉の周瑜も、この小説では大人物として書かれていて、中盤の主役の一人だった。最後の場面が、関羽の最後なので、通説の「三国志」としては、やや尻切れトンボの感じがした。曹操の陣営では、張飛の人物像が、なかなか好意的に書かれていて、我々の知っている、ややおバカさんのようなイメージとは、違う面が書かれていた。歴史的に、勉強になることは少なかったので、歴史小説としては、凡作かもしれないが、やくざなヒーローが良く書かれているので、そういう意味では、なかなか面白い小説だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック