城百Ⅱ

 何かの調べごとで、昔のブログをたまたま見たら、「城百」というものがあり、その時点で、96の城を旅した、と書いてあった。
画像
その後、そのことは、すっかり忘れていたのだが、その時に96ならば、今は、100をカウントしているのではないか、と思って調べてみたら、90と言う数字と、102という二つの数字が出てきた。まず、90という数字は、自分なりに、日本のお城を150ばかりリストアップしてみて、そのお城を90ばかり「登城」した、という結果の数字である。実は、お城とは何か、という難しい定義があって、自分的には、余りにも古代の砦などは、「城」とは見ていないのだが、日本城郭協会という団体が制定した「日本100名城」というリストがあり、その中には、吉野ケ里のようなものまで、そのリストに含めている。自分のリストになくて、日本城郭協会の100名城リストに載っているものが14城あり、その中で、登城したものが9城あった。そうすると、合計は99城であり、次のお城が、めでたく「城百」ということになる計算ではある。3月の四国遍路の中で、一か所だけ、遍路の他に予定に入れた場所があり、これが宇和島城である。若き日に、宇和島は旅で通過したことがあり、宇和島城の天守閣は、拝観したことはあるのだが、やはり登城しないと、カウントにはならないので、順調に行けば、宇和島城が、とりあえずの「城百」達成、という算段になる。ちなみに、102という数字は、何ゆえか、と言うことなのだが、日本城郭協会みたいに、お城を広く解釈するとすれば、鎌倉の街そのものが考えられるし、お台場だって、砦ではあるしなどと思い、福岡の元寇防塁を加えて、102という数字が、出ていたことになる。ついでに申せば、神戸の和田岬砲台と言う場所を訪ねたことがあるのだが、その時は、まだ公開していなかった。
 昔から、一番行ってみたかったお城が、竹田城だった。しかし、余りにもメジャー化してしまったので、いささか、気分がすぐれない。ちなみに、今回の四国巡礼では、登城の予定はないのだが、高知城は、現存の天守閣と御殿との両方がある唯一の城で、現存の大手門から現存の天守閣が望める、唯一の城でもあるらしい。実は、高知城も若き日に訪ねたのだが、登城した場所が遅くて、天守閣へは入場できなかった苦い経験がある。ちなみに、徳島城は、100名城スタンプラリーで訪ねたら、たまたまの月曜日で、スタンプの案内書が休みだった苦い経験がある。これも、予定にはないが、四国中央市の川之江城は、機会があれば、登城してみたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック