湯築城、松山の遍路みち しこくはっく花遍路⑧

3月14日 七日目 世間的には、ホワイトデーの日だが、この日は、北陸新幹線開業の日で、朝からテレビでは、実況中継をしていた。我々は遍路に忙しく、それどころではなかった。ただし、朝の露天風呂は雨が降っていて、この日の天気が心配された。極力早立ちをしたいのだが、この日は「マッサン」を見てから。8:02に宿を出た。昨日に辿った遍路道を、忠実に戻り、8:15に49番浄土寺へ着いた。時間的に、みんなが動き出す時間だったらしく、団体さんも含めて、ものすごく混み合っていた。何とか、一番奥のスペースを見つけて、車を滑り込ませた。この時点で、何とか雨が上がっていたので、ラッキーだった。
画像
ちょっと高台の広々とした場所に、浄土寺はあり、気分の良いお寺だった。50番繁多寺は、住宅地を抜けた近くの場所にあった(8:46)。こちらの寺は、もう少し奥まった場所にあるので、お花がまだなのが淋しかった。
画像
ちなみに、浄土寺は空也上人、繁多寺は一遍上人にゆかりのある寺だそうで、伊予の地は、仏教の先進地のような気がした。51番石手寺は、2度目の参拝である。華やかな印象があったが、この日も人でにぎわっていた。臨時の駐車場に車を停めたので、ラッキーだった(9:18)。石手寺は、我々が巡礼する本堂と大師堂の他にも、沢山の建物があり、観光客も多いので、いつものお寺とは、ちょっと雰囲気が違っていた。
画像
今回の、巡礼の旅で、嬉しかったのは、時々空海開創1200年を記念したピンバッジがあることで、石手寺には、3種類があり、朱色のバッジを買った。この寺には、国宝の仁王門があるが、感覚的には、三重塔がどっしりしていて、貫録があった。
画像
時間に余裕が出たので、往ったり来たりしないように、ルート上にある道後温泉の湯築城へ行くことにした。現在は、歴史公園として整備されていて、ワイルド感は全く失っているが、戦国時代の河野氏の名城で、秀吉の天下統一の時に、滅ぼされて廃城になったらしい。
画像
公営の駐車場に車を停めて、資料館へ行って、100名城のスタンプをゲットした。桜の花も咲いていて、ちょっとのんびりした。
画像
せっかくなので、展望台まで登ったが、昨日の宇和島城よりも、簡単に登ることができた。10:45に、ここを出て、残りの2か寺へ向かった。この日は土曜日なのだが、松山市街は、渋滞していて、時間がかかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック