天変地異 一切経山は登れない

 本当は、「緊急情報 一切経山」にする予定だったのだが、たまたま、関東の4chで「天変地異」と称して、箱根火山と東日本大震災との関連などを報道していたので、この名前にした。それはそれで良いのだが、放送で使用していた、日本列島の火山地図に、「吾妻山」が抜けていたのでびっくり仰天した。言われてみれば、御嶽山が噴火した後、蔵王山のお釜が、異常との報道があったような気もするので、「蔵王山」も抜けていたので、日本列島の火山地図としては、不完全だし、場合によっては、誤った事実を伝えかねない。
 そもそもは、自分が、一切経山の登山を計画していたことによる。理由は、NHKの「百名山放送」で、吾妻山をやっていた。一切経山から西吾妻山への縦走をやっていた時に、五色沼が、とても素敵だったことと、昨年の旅行読売6月号「百名山、花の旅」で、吾妻山として、一切経山が紹介されていたこと、もう一つは、福島県の観光パンフレット(後述)である。ほとんど、宿の予約寸前まで行っていた。おかしいな、と思ったのは、磐梯吾妻スカイラインの、ゲート情報だった。最初の情報は、高湯ゲートのオープン時刻が、10:00ということだった。いくらなんでも、道路のオープンが10:00と言うのは、遅すぎるだろう、と思って、さらに調べてみると、土湯ゲートが7:00という事実が分かった。ゲートのオープンが、7:00ならば、何とか一切経山の登山ができるだろうと思って、土湯温泉への、前泊の予約を、あと一押しで、完了するところだった。念のために、経験者のブログを読んでみたら、やっぱりと言うか、10:00オープンの事実を知らなくて、1時間待った、というブログがあった。さらに、調べてみると、昨年までは、早朝に浄土平から、登山している人のブログがあった。不審に思って、さらに調べると、昨年まではやっていた、「吾妻山の開山祭」を今年は、中止する、との情報を得た。なぜだ、と疑問に思って、徹底的に調べてみた。
 結論として分かったことは、箱根山と同じ、火山情報が、吾妻山にも出されていて、一切経山への、浄土平からのルートは、登山禁止になっている、ことだった。ひょっとして、地元の東北の人にとっては、有名な事実なのかもしれないが、関東に住む住人の自分は、この事実をまったく知らなかった。危ういところで、登山禁止の一切経山へ、登山計画を実行するところだった。改めて、先ほどの、4chの日本列島の火山地図に、「吾妻山」が抜けていたのでびっくり仰天した、という理由は、このことによる。
 実は、手元に、今年の春(2015年4月1日~6月30日)の福島県のキャンペーン「福が満開、福のしま」という観光パンフレットがある。この30ページに、磐梯吾妻スカイライン、浄土平地区、五色沼の説明と写真があり、五色沼の説明には、「浄土平から一切経山頂上まで約1時間30分・登山」とある。実を言うと、東日本大震災以来、旅ボラと称して、東北は何度も旅行した。県の単位としては、宮城県、秋田県、岩手県、青森県などを回り、部分的には山形県も福島県も旅をして、福島などは、回数だけでは一番に訪れている。そんなわけで、今年は、福島県へ応援もかねて、旅をしよう、と計画していただけに、とても残念な事態だった。観光としては、あまり触れたくはないのかもしれないが、不信感を抱かせることは、決してマイナスにはなっても、プラスになることはないので、事実は事実として、分かりやすく知らせてほしいと思った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック