三本槍岳 中の大倉尾根コース

 宇都宮を7:15に出発して、那須ゴンドラに着いたのは、道に迷って9:02だった。準備を整えて、ゴンドラに乗り、歩き始めたのは、9:35だった。しばらくは、ウッドチップのまかれた、歩きやすい遊歩道を歩いていくと、確かにシロヤシオの花はすっかり散っていて、わずかに白い花が発見できる程度の状況だった。
画像
途中に展望台があり、9:50に、登山ルートへの分岐を通過した。しばらくは、のんびりした森林浴のルートで、天気はカンカン照りだったが、木陰なので、気持ちが良かった。
画像
シロヤシオも、やや標高が高いのか、まあまあの感じで咲いていた。30分ごとに、給水をとりながら登ったのだが、木陰で単独行のおじさんが、この上には木陰がないので、休んでいる、とつぶやきながら、お湯を沸かしていた。左右がクマザサの道に変わると、登山道の脇に、可愛いイワカガミの花が咲いていた。
画像
雰囲気としては、今は登れない、御嶽の登山道に似ていた。中の大倉屋根は、なかなか整備された登山道で、金網で石をしっかり固定した作りになっていた。ますます太陽は、カンカンに照っていたが、意外に風が涼しく吹いていたので、助かった。左手には、茶臼岳や朝日岳の絶景が見えていた
画像
が、角度的に、茶臼岳は、だんだんと隠れていった。やがて、ハイマツ帯になるのだが、咲残りのシャクナゲなども咲いていて、気分はとても良かった。
画像
途中に分岐点があり、清水平かとぬか喜びしたのだが、これは標識が壊れていた錯覚だった。登りつめると、傾斜が緩やかになったが、目指す三本槍岳がどの山なのか、さっぱりわからなかった。前岳のあたりは、道が分かりにくかったが、左の方向へ進んだ。しばらく、雲上の水平道を歩き、やや下ったあたりに、三本槍岳への分岐があった。この先には、日陰で、晩生のシャクナゲがきれいに咲いていた。。
画像
ようやく、左前方に三本槍岳らしいどっしりした山が見えてきた。
画像
しかし、一度鞍部に下って、登り返す道だった。途中、大団体のツアーとすれ違い、最後の登りに差し掛かると、濃いピンクのムラサキヤシオツツジが満開で、我々を勇気づけてくれた。
画像
再び、傾斜が楽になり、頂上の広場に出たのは、11:40だった。歩き始めて、2時間05分だったので、まあまあのペースだった。ちなみに、分岐からは、丁度30分の到達時刻だった。ここで、多くの人たちに混じって、ランチにした。日陰はなかったが、風が吹いていて、心地よかった。
画像
そのうちに、前方の山が、雲に隠れ、すっかり雲に覆われてしまった。天気予報で、北関東は、やや雨の%が高かったことを思い出したので、下ることにした。下山開始は、12:10だった。途中、白いイワカガミ
画像
などを見ながら、どんどん下ると、まだ登って来る人も何人かいた。例の、中の大倉尾根の下りは、難渋した。今回は、ダブルストックで来たのだが、左右にハイマツがあれば、それにぶら下がりながら、下った。しかし、左右につかまるものがないところが多く、ストックは、金網に引っかかりそうだし、靴もうっかりすると、転びそうなので、慎重に下って行った。やがて、犬連れの観光客に遭遇したので、ゴールは近いように感じた。最後は走るようなスピードで、ゴールしたのは、13:35だった。さびれたレストランがあったが、搾りたてという牛乳はとても美味しかった。このコースはできれば、シロヤシオの咲く5月下旬がベストシーズンかもしれないが、それなりに別の花(ベニサラサドウダンツツジ
画像
やムラサキヤシオツツジ)が咲いていて、三本槍ヶ岳への、隠れたコースとして、良いコースだと思った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック