コルツィナ・ダンペッツォ 野生のエーデルワイス 絶景花街道伊墺瑞遊山の旅④

 7月6日 三の巻 この日も朝から、天気が良く、部屋からは5Torriが朝日に輝いていた。最近の旅は、のんびりすることを旨としているので、昔のように、暇を見つけて出かけることは少なくなった。しかし、この日は、余裕があったので、初めての朝散歩に出かけてみた。イタリア通りを左折すると、この街のランドマークになっている、教会があった。
画像
話では、鉄道跡が散歩に良い、と聞いていたので、バスターミナルの方へ行ってみた。どうやら、ここは昔の駅舎だったらしく、ここの広場から西の方へ進むと、陸橋があり、歩道橋になっていた。気持ちの良い橋で、ここからコルツィナのシンボルのようなトファーナ山が良く見えていた。
画像
この橋から、ホテルはすぐ下なので、わき道を抜けて行ったら、地元の人がダメ、というジェスチャーをしていた。この日は、コルツィナの一番の名所である、トレ・チーメハイキングの日である。準備をしている時に、なでしこが、アメリカに2-5で敗れた情報が入った。8:30にホテルを出発すると、バスはいきなり急坂を登りだした。途中、午後に登るクリスタッロ山の登山口前を通過し、予定では、ドロミテの真珠ともいわれるミズリーナ湖に寄る予定だった。
画像
しかし、天気の良いうちにトレ・チーメへ行くということで、ミズリーナ湖は、そのまま素通りして行った。ここから、さらに標高をあげ、牧場などを通過したら、3Cimeのゲートがあった。目的のアウロソン小屋はさらに、登って峠状のところにあり9:15に駐車場へ着いた。この時点でも、視界は良好で、前後左右にドロミテの山々が、バッチリと姿を見せてくれていたのだった。ただし、正直に言えば、振り返ってみて、登ってきたミズリーナ湖方面の巨大な谷と、これから我々が歩く予定の、トラバース道がバッチリ見えていたことの二つの印象の方が強くて、ドロミテの山々は、ただすごいなー、という感じだった。
画像
そして、トラバース道の先には、中間目標のチャペルの姿も認めることができた。そして、最大のインパクトは、高山植物の多彩さだった。まずは、昨日も見たグンナイフウロの紫色が目立っていた。
画像
トラバース道は、トレ・チーメの巨大山塊の東側の崖に刻まれた道で、そのまま右手には、もう一つのアウロンソンの巨大な谷に落ちていた。
画像
黄色の花では、昨日も見たミヤコグサ、キンポウゲ、タンポポなどの他に、白いうぶ毛が印象的な花(学名Anthyllis vulneraria)も咲いていた。
画像
和名はクマノアシツメグサというらしい。ウブゲキレンゲと名付けたいが×だろう。道の途中に、右側にアウロンソン湖に下りて行く分かれ道があった。高山植物が咲き乱れたトレイルは、一度は歩いてみたい、と思わせる魅力があり、初恋のように胸がきゅんとした。
画像
青や紫系統の花も多かった。キキョウのような花(Campanula scheuchzeri)は、欧名からはツリガネソウのはずだが、和名はヒメイトシャジンという。
画像
青は青でも、蕊の黄色が目立つ花(Linaria alpina)があった。
画像
和名はミヤマウンランだが、欧名からアルプスウンランが良いようだ。ツートンカラーなので、ちょっと気になる花だった。同じ科だが、明らかにタカネシオガマの花があった。
画像
ただ、日本のシオガマよりも、個々の花立ちが、立派なのが面白いと思った。花ではないのだが、三本指の恐竜の足跡の化石があった。
画像
大きなものではないが、登山道に面した岩に、恐竜の化石があるというのは、なかなか面白いと思った。9:43に、アウロンソン小屋を9:43に出発して、中間地点のチャペルには、10:10に着いた。このチャペルの東側には、第一次世界大戦の慰霊碑があり、このチャペルは慰霊のための施設のようだった。
画像
ところで、ヨーロッパの高山植物には、三つのやっていけないことがあるらしい。一つは、採らない、二つは、踏まない、三つは、知らせない、の三つである。そもそも、ヨーロッパの高山植物は、資源であり、遺産でもあるので、保護することが重要なので、それらの三原則が決められたそうである。
よく知られているように、アルプスには、三大名花がある。エーデルワイス、アルペンローゼ、ゲンチアンの三つである。しかし、後者の二つが、よく見られるのに対して、野生のエーデルワはほとんど見ることができない。かつて、NHKBSPで、野生のエーデルワイスを、出演した女優さんに見せる番組があったが、かなり山里からは離れたトレイルから、さらに離れた場所に、ひっそり咲いていた。ところで、今回、野生のエーデルワイスを見ることができた。詳しくは書けないが、ガイドのSさんに感謝である。
画像

『岩陰に エーデルワイスは 人知れず』(採らず踏まずに 知らせないのよ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック