平成の大修理後の姫路城 城と寺を訪ねて 摂津美作因播但江⑪

 姫路城大手門駐車場は、反対側だったので、近くをぐるりと回って入車した(11:15)。
姫路城の人気は、すさまじく、ウィークデーというのに、多くの人たちが、入場門の方へ歩いていた。もともとの情報で、天守閣へ入るのに、整理券を発行している、とのことだったので、急いだ。切符を買うときに、天守閣へ入れますか、と聞いたら、入れますとの返事だった。姫路城へ来たのは、3度目である。一度目は、一人旅で、夏だったので暑かった。2度目は、夫婦旅で来たのだが、来たという記憶ぐらいしかなかった。まだ、世界遺産ではなかった時代のような気がする。今度は、100名城のスタンプラリーで来たわけだが、昔よりも、少しは大人になったので、千姫の史跡にも触れたいと思った。
画像
姫路城には、本物の大手門は残っていない。最初にくぐったのは、菱の門だった。華やかな花頭窓が印象的だった。その後は、いの門、ろの門と順にくぐって行くのだが、天守閣の混雑が心配で、やや急いで登城したのが、残念だった。それにしても、姫路城の縄張りは螺旋式縄張りというらしい。
画像
途中に、下ると見せかけるフェイントが一番面白かった。何とか、本丸まで来ると、目の前に、実に堂々とした姫路城天守閣がそびえていた。
画像
いよいよ、天守閣への登城である。途中は、人数制限をしていたが、我々は、エンドレスの旅なので、時間を気にしなくて良かったので、その点では、気が楽だった。日本の、ほとんどの現存天守閣には登ったが、改めて、姫路城天守閣のスケールの大きさに改めてびっくりした。通常、同じ階段を、登りと下りで使い分けるが、姫路城は、現存天守閣であるのにかかわらず、登り階段と下り階段とが、別のルートで隔離されているので、混雑はしていたが、比較的落ち着いて、見学することが出来た。一番に、現存天守閣の存在感を感じたのは、槍などをかける、武具掛けの多さだった。
画像
たまたま、出かける前に、美の巨人で、姫路城を見たが、なかなか臨戦に即した造りらしかった。それにしても、やはりというべきか、天守閣は、大混雑だった。東西
画像
画像
画像
の、それぞれの窓から、城下を眺めたのだが、鬼瓦が面白かった。残念だったのは、借景にあたる、丘陵の一部を削り取って、住宅街にする、というスプロール現象が、天守から見えたことだった。日本は、土地の活用は、余りにも勝手すぎて、必要な保護がなされていないような気がする。一番の目的だった100名城スタンプの場所が分からなかったので、係りの人に聞いたら、入口の事務所とのことだった。
画像
西の丸は、一度、出口の方まで下ると、西の丸への標識があったので、そちらへ回った。やはり、一方通行なので、靴をビニール袋に入れて見学した。ここの一角は、有名な実存の人物である千姫が住んでいた一角なので、ある意味、天守閣よりも、興味深かった。
画像
大混雑の天守閣とは違って、全くひと気のない時間帯もあったので、大満足だった。最後に、化粧櫓を見学した。
画像
お人形は、どうかと思うが、西の丸は良かった。入り口まで戻って、お城の事務所に100名城スタンプがあったので、ゲットした。隣りが、案内所で、こちらには一般の、お城のスタンプがあり、こちらにも、スタンプをゲットしてきた。一通り、見学を終えたので、昼食をとることにした。いわゆる観光食堂には行きたくなかったので、離れた場所を探したら、すぐに店が見つかった。決め手は、姫路おでんの定食があったからだった。もっとも、自分は、もう一つの姫路名物である、アナゴ丼
画像
とおでんの単品を頼んだ。一般に、おでんは、辛子で食べるが、姫路おでんは、しょうが汁で食べるのが面白かった。
画像

姫路城は、平成の大修理が終わって、大人の入城料が1000円になった。ところが、お隣の好古園とのセット料金は、1040円という、超お得な値段になっている。我々は、エンドレスの旅なので、もちろんセットの方を頼んだ。好古園は、思ったよりの良かった。最初は、御屋敷の庭といい、回遊式の庭園で、大きな滝が流れ込んでいて、やや暑かったこの日は、とても涼しく感じられた。回遊式庭園の多くは、周りを回るだけの庭が多いが、こちらの庭は、橋も渡らせてくれるので、とても良かった。
画像
ここから、何と八つもの庭を、次々に見学した
画像
のだが、印象的だったのは、流れの平庭で、曲水の宴をやるのには、さぞ良さそうな庭だった。一通り見学して、駐車場に戻り、荷物の整理をしたら、15:00になっていた。すぐに、ホテルにナビをインプットしたら、姫路駅の南側で、いろいろなBHの激戦地らしかった。早速チェックインして、最上階のお風呂に入ったが、眺めが良くて、気持ち良かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック