俺たちの国芳 わたしの国貞inBUNKAMURA

 一幕目(国芳)の一 髑髏彫物伊達男 7「国芳もやう正札附現金男」
画像
 看板男の絵なのだが、猫の髑髏や下駄の髑髏も面白いが、着物までが髑髏だったので、驚いた。 9「当世好男子伝」竹 三人の鷹と鯉と龍の模様が粋で良かった。
 一幕目の二 物怪退治英雄譚 12「相馬の古内裏に将門の姫君」 風の表現が面白かった。 14「清盛入道布引滝遊覧」 清盛の髭が面白かった。悪義平はすさまじい。 15「鬼若丸と大緋鯉」 緋鯉と水流の鋭い表現が、印象的だった。 16「平家の驕奢悪逆を憎み…」 飯綱三郎が良かった。 17「見立東海道五十三次岡部 猫石の由来」 踊る猫が不気味だった。
 一幕目の三 畏怖大海原 21「讃岐院眷属をして為朝…」
画像
 カラス天狗が面白かった。鱗が、渦巻きに書かれていて、印象的な表現だった。
 一幕目の四 異世界魑魅魍魎 26「浅倉当吾亡霊」 髪の毛が、薄いのに、きちんとしたちょんまげになっていた。 30「木曽街道六十九次之内 細久手」 不気味で可愛い、骸骨娘。 33「観世音霊験一ツ家の旧事」 観音様の表現と、カボチャがぶら下がっていたのが、面白かった。
 一の幕の五 天下無双武者絵 34「宇治川合戦之図」 宇治川が、まるで大河か海のように描かれていた。 36「頼朝公御狩ノ図」 モンスター猪の表現がすごい。
 二幕目(国貞)の一 三角関係世話物 43「詞花紅成盛」 天一坊の持つ、観音様の表現が面白かった。 44「?」 団十郎の今流行(五輪ロゴ)の市松模様と、金魚のデザインが良かった。 46「松竹梅雪曙」 お七の着物の柄が素晴らしかった。
 二幕目の二 千両役者揃続絵 48「大当狂言内 八百屋お七」 女のにらみは、写楽に似ていた。 56「八代目市川團十郎死絵」 色紙の表現が面白かった。 58「秋野七草穠乃景」 帯の表現がすごかった。 59「御眺三段ぼかし」 紅の甚三、パラリと手紙を読むのが良かった。 61「五人男揃浴衣」 真ん中の厂がね文七、優男が際立っていて、浴衣の表現も良かった。
 二幕目の三 楽屋裏素顔夢想 65「踊形容楽屋之図」 安政地震の復興興行の時の楽屋らしい。地震は他人ごとではない。 66「楽屋錦絵二編」 草履がひっくり返っていた。女っぽい。
 二幕目の四 痛快機知娯楽絵 70「荷宝蔵壁のむだ書」 解禁直後の画らしいが、お上への抵抗が、感動するほど、素晴らしかった。 71「荷宝蔵壁のむだ書」 踊っている猫が面白い。
 二幕目の五 滑稽面白相  91「子供遊土蔵之上棟」 造形の組み合わせがすごい。どうだいという表情が面白い。 93「流行逢都絵稀代稀物」 大津絵の表現が素晴らしい。
 二幕目の六 今様江戸女子姿 97「当世三十弐相 よくうれ相」
画像
 桜の帯が素晴らしい。 102「浮世人精天眼鏡」団扇 湯上りの表現である。 110「花暦吉日姿 嫁取よし」 猫のいる、着物の表現が良い。 120「縞揃女瓣慶」鵯越の逆落とし 新鮮な絵だった。 128「月の陰忍逢ふ夜」 カラバッジョではないが、光と陰の表現が面白かった。 131「集女八景 粛湘夜雨」 雨脚の表現が素晴らしい。
 二幕目の八 当世艶姿考 155?」今流行(オリンピックのロゴ)の藍色での表現が、斬新だった。 164「本朝風景美人競 陸奥松島」 花魁の、くの字のポーズが素晴らしい。 166「見立邯鄲」 みだれ髪の表現や、遠くの景色など、どれも良かった。
 それほど、期待しないで行ったのだが、結果的には、国貞の方が良かった。今でいえば、グラビアのようなものかもしれないのだが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック