鬼子母神

 GWは、出かけないのが我が家の定石なのだが、今年は、諸般の事情ににより、その後の予定がない。そんなわけで、ブルーGWなのだが、ニュースもつまらないので、7chを見ていたら、「なるほどストリート」という番組があった。経費節約の、お散歩番組は、どこのchも大賑わいなので、食傷気味なのだが、雑学の大家が数人出て、いろいろな薀蓄をかたむけるのが面白かった。その中で、雑司ケ谷の鬼子母神が出てきた。鬼子母神と言うのは「恐れ入谷の鬼子母神」が有名なのかと思ったら、雑司ケ谷の鬼子母神も有名な寺らしく、表参道まであるというのが、なかなか面白かった。浅草の観音様は別格として、柴又の帝釈天とか、巣鴨のとげぬき地蔵には、行ったことがあるが、鬼子母神へもチャンスがあれば、ぜひ行ってみたいと思った。鬼子母神は、神という字が使われるので、神社と間違われるそうだが、ちゃんとした仏教の神様である。鬼子母神は、鬼でもあるのだが、ある意味、土俗的な意味での、キリスト教のマリア様にも、匹敵するのではないかと思っている。詳しくは知らないが、詞梨帝母(こちらは、サンスクリット語由来)とも言われる。こちらの名前なら、世界の平泉毛越寺
画像
に「詞梨帝母像」があり、あまりの素晴らしさに、自分が選んだ「仏像百選」に選んでしまった覚えがある。ちなみに、吉祥天とも、何らかのかかわりがあったかもしれないが、こちらは、京都鞍馬の吉祥天像が、一番だと思っている。
 ついでの話しなのだが、個人的には「その手は桑名の焼き蛤」というダジャレも有名で、一度は桑名に行って、焼き蛤を食べてみたいと思っている。おっとその前に「何だ神田の大明神」とか、「びっくり下谷の広徳寺」というのもあるらしいが、広徳寺の方は、残念ながら、八王子の広徳寺しかしらない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック