甲府城 石和温泉100名城ドライブ①

石和温泉100名城ドライブ                2016/6/17~18
 先週に続いての、温泉ドライブである。先週は、東伊豆伊東温泉に2泊の贅沢温泉だったが、今回は、1泊のささやか温泉というわけである。あくまで、温泉がメインだったのだが、たまたま、ホテルのチェックインまでの時間の都合で、訪ねた場所が、日本100名城スタンプラリーに2か所だったので、名前が100名城ドライブになった、というのが真相である。
 6月17日は、またまた梅雨の季節なのに、お天気はドライブ日和だった。もっとも、関東では、利根川上流の水がめの水不足が深刻で、ついに10%の、取水制限が始まったので、微妙な天気ではあった。さて、先週に往き続いて、自然体で出発した。自然体、というのは、特別に出発の時刻を予定しないで、普通に起きて、普通に朝の準備をしてから、ゆっくりと出かける、というものである。先週は、出発は9時20分ぐらいだったが、今回は、ちょうどの9時だった。前の日に、自動車の点検があったので、給油は、途中で寄った。いつもの手順で、圏央道日の出ICから入ったが、圏央道は、すっかり産業道路になって、それなりに混んでいた。八王子JCTは、東名は右側を走るが、中央は、左車線を走る。通常、左車線ドライブに心掛けている自分にとっては、よけいな神経を使わないで、中央道に入った。山梨へのドライブといえば、歴史は国道20号線ドライブにまで、遡る。甲州街道20号線ドライブは、道が狭く、くねくねしているうえに、小仏トンネル、笹子トンネルという難所を走るので、ドライブとしては、中級のコースだった印象がある。その時代、甲府は遠かった。中央道が完成してからは、格段に向上したが、今度は、帰りの混雑が激しくて、何となく敬遠をしていた時代も長かった。しかし、中央道が、小牧JCTまで完成してからは、関西方面へのドライブは、東名ではなくて、中央道がメインになり、早朝に通過することが多くなった。近年は、圏央道から新東名へのルートが出来てからは、やや利用が減って、今回のような時間帯の利用は、初めて、といってよいようなドライブだった。もっとも、日本百名山に熱中していたころは、前泊をする関係で、ゆっくり出発して、SAなどで、読書などで時間をつぶしながらのドライブが、何回か経験した思い出もある。通常、最初の休憩は双葉SAがスタンダードで、今回もそのつもりでいたのだが、よくよく考えてみたら、目的が石和温泉なので、あわてて手前の談合坂SAで休憩することにした。たぶん、9時40分ぐらいに着いた。真夏には、ミストシャワーが涼しかった記憶があるが、今回は久しぶりで、SAの様子も、随分と広くなり、モダンに様変わりしていた。まっすぐの石和温泉では、いかにも早すぎるので、ナビには、武田神社をインプットしていた。SAに、山梨県の観光案内所があるというので、寄ってみたら、パンフレットがあったので、めくってみたら、根津記念館があったので、時間調整で、寄ってみるか、と考えていた。休憩には、やや早かったが、急ぐ旅でもないので、コーヒーブレイクにした。たまたま100円コーヒーというのがあったので、スターバックスではなくて、そちらを注文して、眺めの良い席でコーヒーを飲んだ。ゆったりと眺めると、上野原の山村の風景もなかなかのもので、四国の祖谷渓の山村のような景色が、ゆったりと広がっていた。せっかくなので、ベーカリーも覗いたら、談合坂アンパンと胡桃パンがあったので、早い、午前のおやつも兼ねることにした。ここの胡桃パンは、とても美味しかったので、またまたビックサイズのものを、お土産にゲットしてしまった。70分ほど休んで、中央道に戻り、ドライブを再開したら、ナビ君の指示は、甲府昭和ICだった。ここを下りて、20号線をやや戻り、左折すると、何やら、甲府の市街地にルートが向かっていた。調べてみたら、途中に甲府城があることが分かった。
 日本百名山のサミッターになった後は、昨年、四国八十八か所の巡礼をしたが、全国規模のものとしては、ぼちぼちと、日本100名城スタンプラリーを続けている。それほど熱中しているわけでもないので、地元である江戸城、八王子城、比較的近い川越城などのスタンプは、まだゲットしていないが、それでも、50の大台は越えてきたので、機会があれば、寄ることにしている。そんなわけで、甲府城手前に駐車場の入口があったので、入ってみたら、係員の人に、県庁の関係車しか入れない、ということで、追い出された。近くのパーキングを探したら、山交デパートの駐車場があったので、利用することにした。地下4階の大きな駐車場だった。この日は、とても暑くて、30℃を軽く超えていたらしい。おまけに、甲府城は、工事中で、天守台にも登れなかった。
画像
ここの最悪なことは、富士山の景色が、無残にも無粋なビルで隠されていることで、日本の、景色に対する、公共性の低さが現れていて、何となく嫌な感じがした。事務所で、スタンプだけをゲットして、早々に戻った。見学できる櫓もあったのだが、工事中で、う回路の指示もないので、ブーイングの100名城だった。デパートは、1000円の買い物で、1時間が無料なので、さっそく、日持ちするものを買って、駐車場を出発した。途中には、山梨大学があって、今では、山梨を代表する偉人になったノーベル賞の大村智ドクターの講演の看板が、ちらりと見えていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック