鬼の形相、大相撲の闇

 まったくもって、今度の日馬富士騒動は、不可解なことが多すぎる。事件だけを見れば、日馬富士が主役だったようにも見えるが、日馬富士が引退した今となっては、貴乃花親方が、どうやら主役の座に就いたようだ。ただし、どちらかと言うと、ダーティーヒーローっぽい報道が、親方日の丸的になされているようで、そのこと自体が、どうやら、大相撲の闇に感じる。大相撲の闇で終われば、まだ良いが、モリカケ問題の様子をみていると、ひょっとして、日本の闇ではないかしら、と思っている。鳥取県警は、まじめに取り組んでいると信じたいが、100%の真実が語られるかは、微妙なところだ。このような事件の場合、最大的に配慮されるべきは、被害者貴ノ岩だと思うのだが、今のところ、少なくとも、相撲協会サイドの発表では、最大限加害者である日馬富士への配慮しか聞こえてこなかった。これだけ、あからさまな加害者への配慮は、単純なえこひいきとも思われないので、協会の存立にかかわるような、重大な問題があるのか、ひょっとしたら、協会よりも上の力が働いたとのか、どれかだろう。このことに関係しているのか、いないのか、いつも政権よりと思われる局の夕方の番組では、貴乃花が悪い、憎いという街の声だけを紹介していて、辟易とさせられた。組織の人なのだから、組織に報告するのが当然、という声も、NHKをはじめとして、多かったが、客観的に物事を見る限り、ことはクーデターに近いように思われる。クーデターが、正しいのか、間違っているのかは、軽々しく論じられないが、危機管理委員会の報告だけで判断するならば、子供だましみたいな報告で、あの報告をもって、貴乃花・貴ノ岩サイドを悪者と断定するのは、本当にモノの真実の分からない「子ども」か、もしくは、大きな力が働いているかの、どちらかだと思う。報道の初期のころに、2通の診断書が話題となり、2通目の診断書サイドの声が、主に協会側に寄り添った形で、発表されたあたりが、どうやら怪しかった。ついで、異様な経過をたどったのが、ビール瓶の件だった。いち早く、白鵬から、ビール瓶は持ったが、手が滑って落ちてしまった云々の発言は、二重におかしい。あのタイミングで、「大横綱」が発言することは、他の力士の発言を封じたわけで、意地悪く言えば、ファッショ的な発言に思えた。それ以上に不可解だったが、危機管理委員会の、発表だった。ビール瓶ではなくて、他の酒瓶だったことが、まるで鬼の首でも取ったような言い方だった上に、脅すつもりで振り上げた、など、およそ、この手の報告では、考えられないような表現を付け加え、結果的に滑り落ちたので、まるで何のお咎めもないかのような、ものの言い様だった。これは、傷害の未遂であって、全くのお咎めなしではないことなど、世の常識である。まして、リモコンで傷害を与えているのだから、言い訳にもならない。報道のホの字にも出てこないのが、ちゃんこ店のオーナーであり、鳥取城北高校相撲部監督のI氏ことである。この事件の、重大なキーパーソンではないのか、とも思うのだが、一般人と言うカテゴリーで、その存在感を限りなく消させられているようだ。この事件の最大の「闇」は、日馬富士の逆鱗に触れ、彼が激高して、貴ノ岩に傷害を与えた理由だが、これまた、危機管理委員会のものの言い様は、異様で滑稽だった。特に、貴ノ岩が謝れば、この傷害事件は起こらなかった云々は、言わずもがなだろう。ただ、この部分は、核心の部分なので、後に回したい。ここでは深くは取り上げないが、白鵬の、貴乃花巡業部長への物言いに対して、協会が下した判断である。巡業部長が、諸般の事情で帯同できないのは、それなりの理由で、納得できる。しかし、このような場合、世の中の常識では、「副」の付く人が代行するはずなのだが、実際には、正副を外して、別の部署の人を派遣するらしい。だとすれば、これは、「諸般の事情」ではなく、別の事情、だと思われる。ひょっとしたら、このことこそ、相撲協会の「闇」であり、恐らくはクーデターの本丸ではないかと思う。ところで、もう一つの不思議がある。鳥取城北高校相撲部OBの会に、横綱が参加した謎である。事件後の伊勢ヶ浜親方が、飲み会の誘いに参加させなければ良かった、とつぶやいたことが報道されていたが、本音だろう。もちろん、貴乃花親方も、ここだけは同意見だろう。本来、ここでキーパーソンが登場するはずだが、はたして、真相の発表があるのか、ないのか。一つだけ分かった事実がある。白鵬が、2度も、貴ノ岩を説教した事実である。1度ならば、たまたまか偶然とも思えるが、2度と重なると、偶然ではなく、確信犯だと思う。そこで、後に回した最大の「闇」に迫る。日馬富士が横綱であった時代には、モンゴル出身の横綱が3人も連続して輩出した。日本出身の力士が弱かったのは、100%間違いないが、3人も連続したコトは、その当時にも、不思議に思った。ここまでのことを総合して推理すると、この部分に関する、「何かの秘密の言葉」を、貴ノ岩がモンゴル語でしゃべったので、逆鱗に触れたのだと想像する。このことは、恐らくは、相撲協会がひっくり返るほどの「秘密の言葉」だと思うのだが、そうだとすれば、貴ノ岩の復帰は、相当に難しい可能性がある。恐らくは、貴乃花は、この言葉を切り札にして、相撲協会に反乱しているのだと思う。そうであれば、全ての謎が、するすると、全て解けてしまう。
 さて「鬼の形相」は、貴乃花が武蔵丸に、怪我をおして決定戦に出場して、時の小泉総理をはじめ、「全日本を感動の渦」に巻きこんだ時の、貴乃花の形相である。実は、当時も今も、この出場には、「反対」の意見を持っていて、今でも観たくない相撲ナンバーワンなのだが、本件には全く関係はない。ただ、その後も、稀勢の里が、無理をして出場を続け、再起が危ぶまれてるのは、一相撲ファンとして本当に残念である。今回の、傷害事件は、何よりも、被害者のことを第一に考えてほしいことと、後段の部分では、できるだけ、真相が分かることこそ、望むものである。そうでないと、他の力士にも影響が及ぶし、当然相撲ファンには、影響が及んでいる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック