当て逃げとサポート車

 福岡自動車テロの輪郭が、おぼろげながら、見えてきた。犯人の方が、亡くなったので、モノが言いにくいのかもしれないが、今回の、自動車テロの、原因を、「高齢者ドライバー」の側面にのみ、大きく取り上げるのは、他人ごとではないので、本当に怒りが込みあがってくる。残された「映像」を見れば、一番に、可能性が高いのは、「当て逃げ暴走」だと思うのに、その点を、全くスルーして、「高齢者ドライバー」にのみ、議論が進むのは、いかがなものか。イの一番に追及すべきは、なぜ、最初の交通事故が起こったのかに、尽きると思う。普通の運転をする限りにおいては、「交通事故」は、起こりえないのだし、万が一、起こったとしても、「大事故」には、なりようがない。そもそもは、最初の「接触事故」は、どのような事故だったのかを、解明しないことには、一歩も本質に迫れない、というのが、自分の確信である。自分の経験から言うと、原因は、スピード、車間距離、交差点か、進路変更(追い越しを含む)に尽きるような気がする。この中の、何が原因で、本当に、「高齢」と、関係があるのか、ないのか、そのうえで、議論を進めてもらいたい。最初の事故の次の、映像は、単なる、追い越し禁止区間で、追い越しをしている「映像」なのだが、映像を見た限りにおいては、単なる「追い越し禁止」違反にしか思えない。この「映像が」最初の事故の後、だとすると、言っては悪いが、単なる「当て逃げ」であり、パニクッた様子は、皆無だった。その後、第二の事故を起こした後に、結果的に「暴走自動車テロ」を起こしたことになる。意識があるとか、ないとか、そのような議論に終始しているようだが、スピードを見る限り、「確信犯」にしか、思えないのだが、きつすぎるのだろうか。
 自分としては、スピードを出し過ぎる、「全ドライバー」こそ、猛反省をしてもらいたい。事故を「減少」するためには、サポート車が有効で、テレビの識者によれば、交通事故の半分ぐらいは、減るのではないか、と話していたが、その後の話題は、なぜか、トヨタ自動車のサポート技術の紹介と、ボルボの安全対策で、話が終わっていた。相変わらず、これらの装置を、メーカーが、つけると良いですね、みたいな、「奥歯にモノが挟まった」言い方しか、していなかった。本当は、どのメーカーが、サポート車を標準装備していて、良心的なのか、話題にする、べきなのだが、週刊誌も、恐ろしくて、モノが言えないのだろうか。
 ちょっと、話題がそれるが、軽自動車というものは、アクセルと、ブレーキとの位置が、普通車に比べて、近いのだそうである。そのこと自体は、踏み間違いの、可能性が、普通車よりも高いと言えるのだが、逆に言えば、両方のペタルを踏む可能性も高い、ということも言える。かつて、クラッチ車では、両方のペタルを踏む、ハイテクの技が、存在したが、オートマ車全盛の時代では、「それは、何」と、馬鹿にされそうである。両方を踏むと、ブレーキが優先する、そうで、その話を聞いて、少し安心した。ちなみに、現在、東京都桧原村では、5年以上村に住んでいる70歳以上の高齢者ドライバーが、サポート車を購入するときには、50万円補助するのだそうだが、燃費よりも「人命」が、大切なのだから、こちらの方に、政府も、補助を出した方が、良いと思うのだが、どうだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック