サーレマー島 クレッサー城 バルチック琥波句旅日記⑮

 ムフ島と本島サーレマー島との間は、19世紀に埋め立てられて、つながったそうである。サッカー場の真ん中に、大きな樫の樹があって、2015年のヨーロッパの樹チャンピオンになったそうだが、車窓から、ちらりと見ただけだった。同じく、エカテリーナ女帝が、1880年代に、ロシア化を進めた時に、日本の聖武天皇の国分寺のように、地方に造らせた、立派なロシア正教会もあったが、こちらも、車窓からチラリだった。ソ連時代の島は、地勢的に重要なので、戦後のアメリカ統治下の沖縄のように、軍事的に管轄されていて、パスポートが無いと、島への出入りもできない状態で、自由に行ける、漁業も衰退した、という話をしていた。
 サーレマー島の最初の見学は、アングラ風車群だった。DSC09669風車群.JPG有料公園だが、我々は、外からの見学だった。頭が動くオランダ式の風車が1基あり、その他の4基は、人力で、風車全体をコマのように動かして、風向きを調整するシステムで、興味深かった。次に、パンガの断崖を見学した。故あって、追加された観光で、皆さま、何で行くの、といぶかったところだった。20数mの高さの、石灰岩の崖で、風景としては、平凡で、おまけに、海岸に降りないと、崖の全貌が見られない、という風景だったが、個人的には気に入った。DSC09680パンガ断崖.JPG「断崖と芝生」という組み合わせそのものが、気分の良いもので、バルトの最果てであり、バルト海の最果てみたいなところなので、旅情的にも良かった。日本では、本州最南端潮岬や最東端トドヶ崎、北海道のノシャップ岬や沖縄最北端辺戸岬の雰囲気にも似ていて、良かった。次が、島の中央部にある、カーリークレーター見学だった。数千年前に隕石が落ちて、爆発してできたクレーターである。こちらは、水が少ないとかで、中央の池がただの丸い水たまりに見えていた。DSC09687クレーター.JPGしかし、角度によっては、風景が、鏡になって、きれいだった。地形全体は、爆発で盛り上がった丸い土手に囲まれたクレーターで、神秘的と言うより、意外と人間臭い場所にあった。写真を撮るだけでは、大きさが分からないので、火山ならば噴火口にある場所まで降りて、大きさの分かる、記念写真を撮った。土手の外側には、貴族のマナーハウスがあり、黄葉の雰囲気が良かったので、落ち葉拾いをしている人がいた。DSC09686黄葉.JPGマナーハウスは、ソ連時代に、学校にされたとかで、装飾を無残に引っ剥がされていた。自分的には、歴史の証言がなかなか重く、ステンドグラスだけ、寂しく面影を留めていたのが衝撃的だった。DSC09691サマーハウスアップ.JPGルンダーレ宮殿も、学校に利用されていたのだが、修復されていたので、実感がわかなかったが、こちらは、実に生々しい歴史の証言だった。最後に、1.5€で、隕石ミュージアムを見学した。地元の隕石は、掌に乗る大きさだったが、ロシアを中心にした隕石・隕鉄コレクションは、見ごたえがあり、特に断面をカットした隕石は、えも言えぬ不思議な、キラキラした造形が素晴らしく、感動した。最後に、島都クレッサーにある、クレッサー城の外側を見学した(内部は、修復中)。真四角の、巨大なサイコロのような造形も面白かったが、何よりも、門の上に、敵の侵入を止める鉄の巨大フォークの歯が、そのままストレートにぶら下げられているのが、不気味で、滑稽でもあった。DSC09699クレッサー城もと.JPG濠は、バルトの海水を取り込んだ、海城との説明だった。土塁のような城壁(内側から見ると、そのように見えた)の内側は、相当に広く、お台場のような感じもあった。DSC09707土塁.JPGお城の、真横を見学して、城の後ろに回り込んだ時に、裏の門から、思いがけず、バルト海が見えたので、とても感動した。DSC09703アップ見える.JPG今回の旅の、二番目の目的が、バルチック海だったので、思わず海が見えたので、興奮してしまったようだ。城壁の土手の上からも、バルト海が見下ろせて、とても良かった。DSC09706バルト海.JPG城の上から、眺められないのが、残念だが、現在は修復中なので、仕方がない。ホテルに、帰る途中の、お濠越しの、クレッサー城も、黄葉が映えて、特にお濠に移ったお城のオレンジ色の屋根が水面に映っていてとても素敵だった。DSC09712お濠.JPGホテルの正面には、伝説の夫婦の像があるのだが、部屋に入ると、窓の正面に見えていた。ここには、スパホテルがあり、プールにも入れるそうだが、そのような準備も、心構えもないのでパスした。夕食は、隣のホテルだったので歩いていくと、室内プールでは、多くの観光客が優雅な時間を過ごしていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント