東京地下駅に大ブーイング

 東京駅に、地下駅があるのは知っている。確か、八重洲口の辺りから、延々と長い地下道を歩き、ホームにたどり着く仕掛けになっている。それはそれで、仕方がない。
 三菱一号館の美術館へは、丸の内口から出た。この美術館は、丸の内にあるのだから当然だ。丸の内口は、現在東京駅の復元工事中である。中央口をまっすぐに出て行ったら、なんとUターンしてしまった。それは、非常の時なので、我慢するとして、この美術館の前に、「東京駅」があった。誘われるように、地下の階段を下りると、確かに改札口がある。一方では、八重洲方面への、一般の通路もあるようで、八重洲方面の標識が出ていた。東京駅で乗る予定のホームは、丸の内に最も近い1・2番線の中央線である。丸の内方面への案内がないので、改札口の駅員に、中央線のホームの場所を聞いた。すると、改札口を入り、突き当たりを左に行きます、との案内だった。そこからは、延々と、歩いた。行き着いた先は、どうも八重洲口に近いらしく、そこから今度はVターンして、はるばる1・2番線へたどり着いた。どうやら、現場からは、三角形の二辺を遠回りしたらしいのである。こんなバカな話はないと思った。そもそも、東京の地下駅は、はっきり言って「東京駅」とは表現してほしくない。「東京駅地下特別ホーム」とでも表現してくれなくては、普通の人には、迷ってしまう。新宿駅の新南口は、遠くではあってもシンプルな構造なので良いが、東京駅の地下駅が、一人前の名前で「東京駅」を名乗っていたので、エラく迷惑してしまった。そういえば、丸の内の地下にも、別の地下駅があって、そこと勘違いをしたのかもしれない。コアの「東京駅」とサブの「東京地下駅」はもう少し、誰にでも分かり易くしてもらわないと、よほどの達人かマニアでないと、分からない、ということになりそうだ。

"東京地下駅に大ブーイング" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。