白馬岳研究

 この手の登山研究は、百名山の時代は、随分とやったったが、達成後は初めてである。もちろん白馬岳は、初めてではないが、40年以上も昔のことで、登山事情も随分と変わったのではないかと、思う。40年以上も昔は、「猿倉⇒白馬岳⇒蓮華温泉」がメインのルートだった気がするが、昭和55年発行のアルパインガイド「北アルプス」では、「猿倉⇒白馬岳⇒栂池」が紹介されているので、このころには変わったのかもしれない。この変化は、鉄道からクルマへ、登山客の足の変化とも関係があるように思う。ロープウエイの弱点は、始業時刻が遅いことである。かつて、安達太良山をめざした時に、待ってられないので、下りだけ利用した記憶がある。木曽駒のように、混雑で大変だ、という弱点もある。そんなわけで、「栂池⇒白馬岳」ルートで登る人は、少数派で、ほとんどが下山に利用するようだ。また、同じような理由で、栂池コースをピストンする人も少ないのだが、この場合、白馬大池で泊まるケースが目立つのもこのコースの特徴かもしれない。
 ところで、猿倉・大雪渓コースと、栂池コース、蓮華温泉コースの、白馬岳山頂までの時間を比較してみた。猿倉・大雪渓コースの平均が6時間03分というのは、ガイドブックの6時間05分とほぼ同じなのにびっくりした。ただし、日帰り組に限ると、5時間03分、泊り組は7時間01分なので、その実力の違いが面白い。栂池コースは7時間42分、蓮華温泉コースは7時間44分なので、ほぼ同じぐらいの時間とということになりそうだ。その後の研究で、蓮華温泉コースを日帰りでピストンする人もそれなりに多いことが分かり、日帰り組のデータを入れると、どうやら、蓮華温泉コース栂池コースとの関係は、どうやら逆転して、蓮華温泉コースの方が、短くなるが、日帰り組と、泊り組との、実力の差は、はっきりしているので、同じ泊り組同士での比較でないと、実情を反映しない可能性がある。それよりも気になったのが、白馬大池⇒栂池の時間のかかりようである。白馬岳から、白馬大池までは、ほぼガイドブックの時間(1時間20分)と同じなのに、ここからずるずると後退して、後半にバテバテになり、ガイドブックで4時間40分のはずが、6時間以上かかるデータになっている。ということは、白馬大池⇒栂池のコースが、山慣れない人には、よほど歩きにくいコースであるらしい。このことを、詳しく解説したガイドブックを知らないが、概して、昔からのルートの方が歩きやすく、ロープウエイなど、文明の利器で、無理やりこしらえた文明のコースは、なかなか歩くのに困難な可能性があるようにも思われる。
 山の下りは、意に反して筋肉を遣いがちになるし、丁寧に下る人ほど、まるでスロー筋トレみたいに筋肉を遣う。栂池コースの下りが、そのようなことと関係があるのか、ないのか、分からないが、自分としては、いろいろなことを勘案して、コースを決定したいと思う。




展望登山ガイド 3 白馬岳 [DVD]
山と渓谷社
展望登山ガイド

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 展望登山ガイド 3 白馬岳 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"白馬岳研究" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。