韮崎大村美術館

韮崎大村美術館
画像

 平日にもかかわらず、とてもにぎわっていた。2階の展望室からは、茅ヶ岳や七里ヶ岩が、正面にきれいに見えていた。
画像

 常設展 1「薔薇」(ラグーザ・玉) 伝説の女流画家なので、作品を観るだけでも、価値があると思った。 2「舞妓」(秋野不矩) 秋野といえば、インドのイメージが強かったので、「舞妓」は、意外な感じがした。 4「山吹」(小倉遊亀) 焼き物が派手な作品なので、花とバッティングしそうに思えるが、不思議に、マッチしていた。 7「面構 浮世絵師烏亭焉馬と二代団十郎」(片岡球子) チョーの付く大作で、圧倒的な迫力だった。 8「淡路人形B」(三谷十糸子) 人形なのに、まるで、生きているように描かれていた。 9「櫻下處女」(上村松園) 松園の意志の強さを、頬の力に感じた。 12「婦女」(広田多津) 紺色の着物の色が、とても鮮やかだった。13「遠い日」(遠藤彰子) ブルューゲルを思わせる作品だった。 15「小運河にて」(三岸節子) 具象画だが、モンドリアンのような抽象画のようでもあり、何よりも、色が鮮やかだった。
 堀文子展(特別展) 6「秋炎」(大村美術館) 焚火の絵なのだが、焼かれている花が、妙に生き生きと描かれていた。 7「華やぐ終焉」(大村美術館) 正平の名言に「人生、下り坂最高」という言葉があるが、ぞっとするほど、美しく描かれていた。 8「雪嶺」(大村美術館) 白い形が、とてもシュールだった。 9「大神楽」(大村美術館) とても平面的な作品で、まだらの美のようだった。 11「紅梅」(個人象) 何よりも、蕊の表現が、すごかった。 24「蜘蛛の家」(大村美術館) 凝り性である、堀の面目躍如の作品だった。 25「極微の宇宙」(大村美術館) 堀と言えば、ミジンコが第一印象だったのだが、まさに宇宙だった。 33「アフガンの王女」(個人蔵・大村美術館寄託) 一目で、モデルが黒柳徹子だと分かったのだが、人物画は珍しいらしい。テレビの、「徹子の部屋」に出てくる絵である。 35「蘇生した残り紙」(個人蔵) 色合いが、マチスの切り絵を感じた。

"韮崎大村美術館" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。