テーマ:ドライブ

峡湾滝ドライブ、最北の果樹園 ノルウェーとことこ峡湾ハイキング④

三日目(7月12日) この日は、曇りというよりも、ガスっぽいような天気だったが、出発の頃は、雨の心配だけは、なさそうだった。ただし、暑い雲に覆われた天気なので、プレーケストーレンが、快晴の昨日で、本当に良かった、と思った。この日は、昨日のフェリーのルートよりも、西側のベルゲン街道を、北上した。最初に、2本の海底トンネルを通過した。トンネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東名開通50周年 とことこドライブ西遊記⑧ エピローグ

この日は、舘山寺へ向けての、ドライブだけになった。奈良の出発は、10:40だった。ナビは、当然、高速を推奨したのだが、時間の調整を兼ねて、国道25号線経由で、走ることにした。まずは、言葉だけで言えば、古代の山の辺の道に並行して走る、169号国道を走ると、途中、帯解寺の標識があった。もう一度は、行ってみたいとは思いつつも、天理まで南下して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹内街道、叡福寺 とことこドライブ西遊記⑤

 六日目(6月18日) この日のプランは、三つあったが、もともとのプランにした。ちなみに、他の二つは、この日が御開帳の藤井寺と大神神社なのだが、せっかく大阪から奈良へ向かうので、竹内街道を走ることにした。最初は、叡福寺へ行った。さすがに、太子ゆかりの寺で、凛とした美しさがあった。多宝塔や、檜皮葺の本堂(礼拝用の岩が珍しかった)も良かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本100名城 千早城 とことこドライブ西遊記③

 三日目(6月15日) 朝、高知空港にS夫妻を迎えに行き、土佐市の青龍寺までドライブしたのだが、高知市周辺の道路は、見事に整備されていて、1時間ぐらいで、着いてしまった。道中は、お遍路で走った道なので、懐かしかった。ただ、この日は、低気圧の通過で、雨が強くなり、お寺では、雷も鳴るくらいだった。用事が無事に終わり、浦の内まで、横浪スカイラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モネの庭 国道493号 とことこドライブ西遊記②

 二日目(6月14日) 梅雨のさなかではあるのだが、四国は、まだ梅雨には入っていないそうで、曇り空だった。ナビで調べたら、高速回りで、150㎞、国道55号では、130㎞ということだったが、予定通り、国道を南下することにした。街中のドライブは、嫌なものだが、初めは片側3車線なので、真ん中をトコトコ、2車線になってからは、左側をトコトコと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とことこドライブ西遊記① プロローグ

とことこドライブ西遊記                 令和元年6/13~6/20  一日目(6/13日) 令和最初のドライブは、お隣埼玉県の両神山登山ドライブで、今回は、令和になって、最初のロングドライブということになる。令和時代は、良い時代、というところだが、最近の、異常なシニアドライバーバッシングが始まって、善良なドライバーであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者ドライバー事故問題の深闇

 7泊8日のドライブを予定しているのだが、最近の「高齢者ドライバー事故」の報道には、うんざりである。しかし、当方としては、自分が、痛く批判されているようで、気分としては、とても良くない。事故を起こした、高齢者ドライバーを、擁護する気には、さらさらなれないが、だからと言って、連日、「魔女裁判」のごとく、報道されると、どうでもない人まで、何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

当て逃げとサポート車

 福岡自動車テロの輪郭が、おぼろげながら、見えてきた。犯人の方が、亡くなったので、モノが言いにくいのかもしれないが、今回の、自動車テロの、原因を、「高齢者ドライバー」の側面にのみ、大きく取り上げるのは、他人ごとではないので、本当に怒りが込みあがってくる。残された「映像」を見れば、一番に、可能性が高いのは、「当て逃げ暴走」だと思うのに、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOらの尾を踏まない

 衝撃的な川崎事件が冷めやらぬうちに、別の事件が起こり、テレビ局は、大わらわである。どこかの局のコメンターが、「文明国として、いかがなものか」と話されていたが、むしろ逆に、文明国だからこその病理とも思えるのだが、話したいのは、このことではない。  レバノン・キプロス旅行中に、大きな事件゛立て続けに、3つも起こっていた。一つが、パリノー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交差点は「徐行」

 また、また痛ましい事故が起こってしまった。交通事故は、「運転する側」と「歩行する側」から、いつも真剣に考えている。結論は出されていないので、推定の範囲でしか「モノ」が言えないが、事故は、交差点で起こったことには、間違いがなさそうである。運転者、歩行者双方の立場から見て、交差点ほど恐ろしいところはない。自分が、車を運転していて、怖いもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一時停止は二度止まる、忖度道路、令和

 交通事故の多い「交差点」の話題が、報道番組で、何度かされていた。最近のものによれば、「一時停止」の交差点を、「一時停止」したのにも関わらず、交通事故になっているケースを「防犯カメラ」で、繰り返し何度も流していた。雰囲気として、「交差点」が悪い、みたいな、報道をしていたのが、気になった。世の中に、見通しの悪い「交差点は」ごまんとあるはず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沙羅の寺應聖寺 四国ミニ巡礼④

 六日目 岡山のホテルは、岡の上にあり、2号線から入るのには苦労したが、岡山ICへのルートは、街中を走る欠点はあるものの、表玄関なので分かりやすく、日曜日なので、ラッシュではなかったので、助かった。途中のSAで、一休みして、播但道路へ入った。県営の道路だが、ETCが使えるのはありがたく、同じような静岡の道路が、旧態依然としているのとは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国カルスト 四国ミニ巡礼③

 四日目 朝は、雲海が素晴らしかった。天狗高原は、四国カルストの東の端なのだが、雲海に誘われて、朝飯前散歩を試みた。現在は、6月中旬なのだが、花は少なかった。ただ、オオヤマレンゲは、可憐な女王様で、素敵な花だった。この森を過ぎると、いよいよ四国カルストの核心の景色が見えてきた。日本三大カルストは、秋吉台、平尾台、四国カルストだが、四国カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国ミニ巡礼② 阿波から土佐へ

 二日目 宿泊したホテルは、大塚国際美術館のすぐ近くにあるリゾートホテルで、鳴門北ICから、車で1分という、足場の良さが魅力で、もし、今後も四国入りの機会があれば、ぜひ、利用したいと思った。ホテルの庭からは、鳴門橋などの絶景が見えていたのだが、遊びに来た旅ではなかったので、わざわざカメラを取にいかなかったので、映像が無いのが残念である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国ミニ巡礼① アプローチ編

美国四国ミニ巡礼                      2018/5/13~5/18  前の日 前日は、歴史的な米朝サミットが開かれたのだが、トランプ氏の、余りにもノー天気な外交に、あきれ返って、ニュースを見る気にもならなかった。それとは別に、ワールドカップへ向けての、最終試合があったのだが、試合を見るには、最悪の時間で、翌日から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メテオラからサントリニへ 華麗なるギリシャ紀行⑧

 日本とギリシャの共通点は、山国島国(ギリシャは半島)であることだろうか。アテネからメテオラへは、東京から善光寺へ参る感じかと思う。いくつもの峠を越えて行かなくてはならない。昨日は、峠を3つ越えたのだが、昼食は、メテオラからみて、最初の峠を越えた場所だった(12:45)。ここは、メインを自分でチョイスするシステムで、プレートに乗るだけは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の七不思議 華麗なるギリシャ紀行④

 若い頃に、世界七不思議の大ファンだった。一般的な、世界の七不思議は、①ギザのピラミッド、②バビロンの空中庭園、③エフェソスのアルテミス神殿、④オリンピアのゼウス像、⑤ハルカナッソスのマウソロス霊廟、⑥ロードス島の巨像、⑦アレクサンドリアの大灯台の7つである。2000年のギリシャ旅行で、⑥の巨像こそ願いが叶ったものの④は、叶わなかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成の日本一周

 平成が、2019年の5月末日までになることが決まった。平成は、結局、31年間強という期間になる。日本一周の意味は、日本にある47の都道府県を旅する、という意味で勝手に使っている。自分の旅歴として、計算はしていないのだが、恐らくは達成している、と思う。と言うのは、21世紀になってからの「日本一周」をカウントしていて、現在、45都道府県を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新東名・新名神 秋の安芸旅山陽路⑨ エピローグ

 11月11日(七日目) 夜のうちに寒冷前線が走って、雨が降った。朝はすっかり晴れていた。観光は前日までで、この日は2日がかりで帰る日の、前半ということである。予約できたのが、四日市で、簡単な計算で、400㎞なら、15:00にチェックインできるかな、と目論んでいた。休暇村からもらったパンフレットに、東城の街並みが良い、というので、寄り道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の安芸旅山陽路 倉敷①

秋の安芸旅山陽路                     2017/11/5~11/12  11月に入り、行楽の季節である。秋ということで安芸の旅としゃれこんでみた。広島には、ここ数年、旅をしてみたい、とは思いつつも、クルマで行くには遠く、飛行機で行くには、半端な感じがしていて、踏ん切りがつかなかった。そのような中で、ここのところのい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日塩ドラゴン街道 塩原編

 若い旅も確かに良いが、シニアになってからの旅は、さらに良い、と近頃は、つくづくに思う。確かに、若い、しなやかな感性は素晴らしいと思うのだが、人生をかみしめた、もっとしなやかな感性は、もっと素晴らしい、と思う。ふとしたことに、人生を思い、その積み重ねの経験で、景色を見るので、感動することが多い。紅葉ラインも同じだった。ふと走り抜けた光景…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日塩ドラゴン街道 日光編

日塩ドラゴン街道 2016/10/27  前回、久しぶりに本格ドライブ旅行を楽しんだのだが、世は、紅葉シーズンの真っただ中だった。今回も、基本が温泉ドライブなので、まずは、泊れるホテルをチェックしたら、たまたま塩原温泉に、ダーツが当たったような感じで予約した。塩原温泉は、2度目である。前回(昨年)は、那須岳登山の帰りに、後泊の宿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武田館 100名城ドライブ②

 緩い坂を登り切った場所に、武田神社はあった。立派な堀があり、鑁阿寺の足利屋敷とは、双璧をなす、武士の館なのだが、素人目には、お城としては、少し物足りない感じはする。4月に、福島の浜通りを訪問したが、ほとんどの城跡は、神社になっていた。武田神社の参拝は二度目である。二礼二拍手一礼のお参りをして、お隣の社務所で、100名城のスタンプをゲッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲府城 石和温泉100名城ドライブ①

石和温泉100名城ドライブ                2016/6/17~18  先週に続いての、温泉ドライブである。先週は、東伊豆伊東温泉に2泊の贅沢温泉だったが、今回は、1泊のささやか温泉というわけである。あくまで、温泉がメインだったのだが、たまたま、ホテルのチェックインまでの時間の都合で、訪ねた場所が、日本100名城スタンプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐怖の幅寄せ・クラクション

 超大型台風が接近中だが、国内関心ごとの1位が、総選挙ではなくて、幅寄せやあおり運転の方に関心があるというのも、何となく、複雑な感じである。こういうご時世なので、自分も、「恐怖の幅寄せ」の報告をしておく。ただし、巷間で起きている意味とは若干の違いがある。通常、車線変更をする場合には、①バックミラーで後方を確認し、②フェンダーミラーで、右…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常陸浜街道 ひよっこ47番目茨城浜街道ドライブ③

 3月10日 日の出は5:55とのことだったが、目の前にある二つ島の少し右側から出てきた日の出は、今までに経験した日の出でも、最も感動した日の出だった。太陽の道という言葉があるが、この道が、常陸灘を真っ直ぐに貫き、二つ島で、わずかに屈折して、我らの部屋へ届き、部屋の壁に、我々のシルエットがくっきりと映し出される、荘厳なショーだった。朝食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の桜旅、権現堂桜堤

 今年(2017年)の桜旅とは、大げさなのだが、毎年、桜の開花情報があると、何となく、旅のムシがむずむずしてくる。自分の定義では、日帰りは「旅」の範疇からは、外れるのだが、細かいことは別にして、桜には、特別の感覚がある。それは、あと何回、桜を観ることができるか、という微妙な感覚である。そんなわけで、リタイアした、2007年に、「お花見ぴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島 福と復の花旅 終章⑮

  4月16日(土) 最終日 二日前に、震度7の地震があったのだが、2日後の16日未明(2:25)に、マグニチュード7.3の本地震があり、広範囲に被害が拡大した。官房長官が出てくる場面で、A首相がいやに張り切ってしゃしゃり出るのが気になったのだが、パフォーマンスをする場面ではないように思った。後に聞いた話では、現場を知らない発言で、強権…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の計画 国道ドライブ

 地図を見るのが大好きである。これは、物心ついた時から大好きで、これは、現在でも同じなので、ドライブマップは、手が離せない。最近は、カーナビが発達していて、目的地へ向かうだけなら、便利なものである。旅を見るだけのポイントを回ること、と定義すれば、有効そのもので、ツアーなどはその典型的なものだろう。個人旅行でも、予約が必要なものは、それに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新・高速道時代へ

 ろくなニュースが無いので、見るのは天気予報だけになりつつある。桜便りは、数少ない、見るニュースだが、高速道路が、100㎞/hを越える実験が始まりそうである。大の昔、暗い地下倉庫で聞いたラジオニュースで、東名高速開通のニュースを聞いた記憶がある。自分には、まるで関係のない、雲の上の話しだった。東名高速を、はじめて走ったのは昭和49年(1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more