テーマ:健康

お年寄りの気持ち、ボルト

 陸上世界選手権、100m×4の決勝は、なかなか衝撃的な結末だった。日本の、銅メダルもさることながら、ボルト選手の、肉離れの途中棄権は、ある意味派手なボルト選手らしい最後だったのかも、しれない。しかし、自分の今の状況と、重ね合わせると、まるで他人ごとではなかった。と言うのも、一ヶ月近く前に、何でもない瞬間に、全身に激痛が走り、歩けなくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血圧盛衰記

 院内トリップから生還して、一ヶ月を過ぎた。もともとは、秋の定期健康診断で、一つの健康数値の異常があり、血圧も高い、ということで、オムロンの上腕式血圧計を指定されて、毎日測定するように、アドバイスを受けた。そして、某内科に診察へ行った。驚いたのは、血圧測定は、セルフサービスだったことだった。血圧計のそばで、呼吸を整えていると、何をしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非日常から日常へ

 九日間の院内トリップを、川柳をもとにした、リポートも、いよいよ最終回となる。院内トリップは、非日常、卒業すれば、日常の生活に戻る。ただし、毎日がサンデーの身分なので、驚くような落差はないが、やはり、天国と地獄ぐらいの、気分的な落差は大きい。「ガウン着て 歩く姿は ボクサーか」たまたま、最近では、自宅でガウンを着る機会が少なくなっていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歓喜への絶唱

 院内トリップの間、ありとあらゆるひとやことに励まされたことは、何度も書いた。実は、一番の関心は、U23アジア選手権の戦いぶりだった。22日は、オペレーションの当日の夜なので、「テレビ断ち ドーハへ送る エールかな」しかできなかったのだが、リオオリンピックの出場を懸けた26日は、体調的には、観ることも可能だった。しかし、願掛けも兼ねて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リハビリ・筋トレへの賛歌

 実は、オペレーション当日の朝、しばらくは筋トレもできないと思ったので、「勝負の日 朝一番に トレーニング」をした。そして、その日の夜はさすがに辛かった。片脚を伸ばしたまま、一晩の間寝たのだが、たかが片脚なのに、ものすごくお尻が重くて、「片脚で 鉛のお尻 ずんぐりと」限りなく重く感じた。そして、いよいよ、サポートを受けながら「リハビリの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回復への応援歌

 笑うことは、魔法の力があるらしい。川柳を思いついたのは、家を出て、「雪を踏み リュック背負って 旅もどき」という句を思いついた瞬間だった。どうせ、永い時間との闘いなので、少しでも、時間を遣って、不幸を笑い飛ばすことができれば、一挙両得になると思った。これは、退院前日の句だが「川柳の 笑うことなり 薬なり」であり「病室も 笑う部屋には …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホスピタル模様

 今回のやまひは、自分で「びっくりポン病」と名付けた。年一回の、健康診断で、一つだけ懸念材料の数字が出た。診療所のドクターも、何ものかよく分からずに、総合病院の専門医の紹介状をいただいた。データの段階では、詳細は不明だったのだが、念のためにCTスキャンなるもので、見ていただいたら、百聞は一見に如かず、で一発で症状が分かった。「発見の C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病室のユーモア

 自分は、入院を「旅もどき」と笑していたのだが、自分よりも数日後に、2泊3日の予定でで入院した、某患者は、ナースに対して、はっきりと2泊3泊の旅に来ました、とのたまっていた。「お隣は 検査入院 気楽そう」だった。個人的に、入院は2度目なのだが、前回はたまたま個室だったので、大部屋は初体験だった。「私生活 何でも聞こえる 四人部屋」プライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西川きよしショック

 同年齢の、阿藤快さんが亡くなられたことは、まことにショックだったが、その後も、同年齢のデビット・ボウイさんなど、数名が亡くなられたようで、何となく落ち着かない。ところで、今度は、やはり同年齢の、西川きよしさんの、ニュースが入り、ドキッとした。自分自身、今月のうちに大オペレーションを決行するのだが、彼もまた、同じころに、オペレーションを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国家プロジェクトVS家族ベンチャー

 日本人は、癌の検診に行くのが嫌いらしい。自分自身、医者に行くのが、嫌いで、前回に続いて、今回も、病院に行くのが、やや手遅れで「びっくりポン病」だった。病気は、自己責任とは思っているが、病院好きの人と、医者嫌いの人との比較は、微妙な問題である。ところで、またまたNHKで恐縮だが「さきがけ」という番組を見た。がん検診に行かない理由の一つが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

断酒減塩渇旅行

 現在、KENKO(健康)第二ステージと称しているのだが、現状としては、タイトル名の「断酒減塩渇旅行」というのが、一番近い感じがしている。何でも、都道府県単位では、青森県が、一番に平均寿命が短いのだそうで、その主な原因が、塩の摂りすぎだそうである。日本人の、平均的な塩の摂取量でも、学問的には、多すぎるのだそうで、ある。自分の場合、減塩に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KENKO第二ステージ

 KENKOと言うのは、「健康」であり「軒昂」と言う意味も兼ねてみた。秋の健康診断で、びっくりポン病にかかり、半分ぐらいから、スリークォーターぐらいには、回復したつもりである。散歩ぐらいは頑張っているが、心配なのは、筋肉の衰えである。たまたま、チャンネルを回していたら、タイの国技であるムエタイの健康法が紹介されていた、筋トレだったのか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿藤・北の湖ショック

 名女優、原節子の訃報や、ゲゲゲの鬼太郎の水木しげる氏の訃報は、残念ではあったが、特別には驚かなかった。しかし、先日の阿藤快氏自分的には、阿藤海氏なのだが、彼の訃報には、他人事ではないショックを感じた。と言うのも、阿藤氏は、満69歳の誕生日の翌日に亡くなられたのだそうで、自分と、1ヶ月半しか誕生日が違っていなかったので、よけいショックだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血圧計

 Y新聞の「売れ筋ランキング」に血圧計が出ていて、その1番人気が「オムロンヘルスケアHEM-7132」になっていて、びっくりした。と言うのも、先日、血圧計を買わなければならない状況になり、たまたま買った血圧計が、同製品だった。高血圧には、比較的無縁と思っていたのだが、1年に一回の、健康診断の結果を聞きに行った時に、血圧が高くて、医者にオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お茶は美味しい

 旅行中に、面白いニュースを聞いた。確か、一日に緑茶を5杯以上飲む人は、ガンにかかる確率が低くなる、と言ったような内容だった。これだけでは、コーヒーはどうなのだろう、と疑問に思って、新聞を読み直してみたら、コーヒーは一日に3杯飲む人は効果がある、と書いてあった。お茶もコーヒーも、もともとは「薬」だったので、身体には良いと思うのだが、飲み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シイタケは椎茸に非ず

 たまたま、12chで修善寺の番組をやっていた。面白かったのが、この番組のディレクターが、大のシイタケ嫌いだったのだが、修善寺のシイタケ蕎麦が美味しくてシイタケ蕎麦の、リピーターになった、という下りだった。そういえば、子どもの世代で、シイタケ嫌いは、納豆嫌いぐらいには、多いように感じる。臭いも触感も嫌い、とのことのようである。しかし、実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビール(類)は何を飲む

 今年も、ビール(類)の売り上げが、5年連続で、減少した、というニュースが流れていた。5年連続という数字は、うろ覚えなので、違う数字かもしれないが、どちらにしても、ここのところ、ビール(類)の売り上げが減少している事実は、間違いがないようだ。ビール(類)と言うのは、日本の税法上、ビールと発泡酒と、いわゆる第3のビールを含めたものの合計で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食の安全

 正月も五日になったので、人出も減っただろうと思って、恒例の山口観音へ、初詣へ行ってきた。帰りのついでに、瑞穂のジョイフルホンダへ寄って、そのついでにフードコートで食事をしてきた。実は担担麺を食したのだが、同じフードコートで目にした、チャンポンのリンガーハットの、文言が気になった。油は、コレステロールゼロ、野菜は国産品、小麦も国産品、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

溺れる者は、藁をもつかむ

 この度、何とか運転免許の更新することができた。今でこそ、落ち着いていられるが、更新のOKが出るまでは、ひやひやドキドキだった。というのも、免許更新に必要な、視力がかなりきわどかったからだ。眼鏡の調子が悪ければ、新しい眼鏡を作ろうと思って、久しぶりに眼科を訪れた。すると、現在使っている眼鏡よりも、視力は良くならないとの、診断だった。車で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年も健康診断

 あんまり行きたくはないのだが、無料検診なので、今年も健康診断を受診してきた。結果は、満点で、珍しいですよ、とお医者さんにはほめられたが、データで褒められるほど、健康なのかどうかは、正直自信はない。今年は、体脂肪率が上がったのと、お腹周りが大きくなったような気がするので、心配していたのだが、とりあえずは、ほっとした。  大昔、健康診断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい歩き方

 9月15日は、敬老の日だった。そのことに関係があったのか、なかったのか、数日前のY新聞の家庭欄に、高齢者の歩き方が、出ていた。年寄くさくない歩き方の伝授で、手を振ることや、足の全面で着地することなどが書かれてあった。本来の歩きは、かかと着地だが、筋力がない高齢者には、あまり向かない、と書かれてあった。  ところで、自分の「新しい歩き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼鏡ぶっ壊れ顛末記Ⅲ

 大學メガネ研究所の眼鏡は、1週間かかるのだが、何とか6日間でできるように、手配をしてくれた。その後、自宅に、電話があり、さらに2日ばかり早くなりましたので、とのことだった。ネットで調べたら、10時の開店なので、それに合わせて、有楽町へ行き、東銀座方面へ歩いて行った。途中で雨になり、あわてて、地下道に避難した。昔は、通勤に近いぐらい歩い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼鏡ぶっ壊れ顛末記Ⅱ

 とりあえず、眼鏡は新調したものの、壊れたままの眼鏡をどうするか回ったが、大學メガネのアドバイスに従って、地元の買った眼鏡店へ行ってみた。やはり、溶接で直すことはできるが、色の調整まですると、1万円ぐらいかかるし、時間もそれなりにかかる、という説明だった。ちなみに、自分の眼鏡フレームは、レンズを3代も使いまわしている時代ものなので、昔風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼鏡ぶっ壊れ顛末記Ⅰ

 上野の都立美術館で、ルーヴル展を拝観中に、ちょっとした接触で、眼鏡が真っ二つに壊れてしまった。そもそも、眼鏡は、かけていればいれば、壊れる可能性は、きわめて低いのだが、たまたま、眼鏡をはずして、手に持っていたための悲劇だった。もともと、ド近眼の眼鏡を使用していた時代には、それなりに、遠近両用ではない、普通の眼鏡一本で、用が足りていたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スクワット

 女優の森光子さんが亡くなられた。ご冥福をお祈りいたします。森光子さんといえば、スクワットで体を鍛えられていたことが思い出される。個人的にも、スクワットは、トレーニングに取り入れているので、最近スクワットについて、気になることを書いてみたい。スクワットの意味は、調べたことはないが、おそらくは、膝を曲げて、脚の筋肉を鍛えることではないか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康診断

 今年も、年に一回の市の健康診断を受けてきた。結果も、特別のことはなく、とりあえず一安心というところである。ところで、最近「青春の断捨離」をした。その時、満19歳の時の身長と体重のデータがあって、今とぴったり同じだったので、びっくりした。実際には、身長はその後も若干伸びたのだが、最近また縮んだので、偶然にも同じ数字になったらしい。体重の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「健康寿命」男70歳

 今年も平均寿命が発表され、日本人の平均寿命が、また延びたそうで、同慶の至りである。しかし、この平均寿命が延びている原因の一つに、本人の意志とはかかわりなく、現代医療のシステムによって、無理やりに寿命を延ばされている側面も、目をつぶってはいけないだろうと思われる。やはり、一に頭、二に脚、そして三に目が健康であることが、それ以上に大切に思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆風評Ⅱ

 NHKあさイチで「新基準で食品の放射能は安心?」という番組をやっていた。と言っても、この番組は、見ていない。この手の放送は、いくら正しいことを言おうと、いくら客観的な放送をしようと、結果的に、国民の不安を煽る結果になり、一般放送としては、不適格な番組に思えるからだ。内容を見ないで、批判めいたことを言うのも、気がひけるが、見なくても、や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆風評

 政治関係のTVを見なくなって、久しい。党首討論などは。昔は、国民の義務ぐらいに思っていたが、最近は、顔を見るのも嫌で、質問することも、分かり切ったことで、真っ先にチャンネルを回す。それとやや似たような状態になりつつあるのが、放射能の基準値などに関する、番組だ。結論は決まっていて、放射能の数字は、低いほど良い。政府は、消費者の(安全では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

数値目標

 世間では、消費税引き上げ条件の数値目標が、かまびすしい。何やら、あいまいな目標として、名目3%、実質2%という数字が、登場したようだ。消費税論議としては、所得税とセットで、配慮するしかないと思うのだが、はたして、いかに。そもそも、今のまま、解散総選挙になれば、定数削減と、憲法違反状態の解消のセットがなければ、人生初めての、選挙ボイコッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more