テーマ:百名山

アカヤシオ満開の両神山

アカヤシオ満開の両神山                令和(2019)元年5/16  アカヤシオと両神山の因縁は、3度目になる。最初に両神山登山を計画したのは、新婚2年目のGWだった。当時の記録には、「ヤシオツツジの咲く両神山へ上る予定だった」のだが、国分寺から、西武秩父まで出たものの、予定していたバスには間に合わず、慌てて予定を変更…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百名山バッジ達成

 今更、日本百名山のバッジなど、珍しくはないのだが、個人的には、難産の「百名山バッジ」の達成だった。日本百名山サミッターと、百名山バッジの、必然的関連はないのだが、百名山サミッターになった時点で、百名山のバッジがなかったのは、記憶によれば、鹿島槍ヶ岳、両神山の2山だったかと思う。鹿島槍の方は、ラッキーなことに、白馬山へ再登をしたときに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立山最高峰大汝山 どらくれ立山三山縦走③

 7月25日(水) 早起きして、朝散歩をした。本当は、御来光を見たかったのだが、角度的に厳しいらしく、朝飯前に、雄山に登る必要があるらしかった。それでも、朝焼けの天体ショーは、楽しかった。また、高山植物が、朝のうちには、瑞々しく咲いていたのも、印象的だった。さて、山小屋の朝食は、コンロで、目玉焼きを作るなど、工夫はされていたのだが、6:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深田百名山の真実

 先日、日本百名山の一角である、木曽駒ケ岳に登ってきた。自身、木曾駒への登頂は、三度目なのだが、登山記がなかったので、再々チャレンジした、ということだった。山の売店で、日本百名山のれん、というものを、売っていた。山の名前、簡単な紹介があり、山バッジをつけることができるとも書いてあった。厳密に点検したわけでもないのだが、絶対に間違っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百名山の呪縛 木曽駒ケ岳 稜線遊歩

 待望の乗越浄土に着くと、急に風が通り抜けているようで、涼しくなった。時刻は、9:05だったので、40分の標準コースを、5分オーバーで登った計算になっていた。ドキドキハーハーは余りなかったので、まあまあのペースかと、安心した。目の前には、大きな二つの山小屋が見えて、はてどこを歩くのだろう、と思ったら、右駒ケ岳、左宝剣岳の標識があった。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百名山の呪縛 木曽駒ケ岳 プロローグ

百名山の呪縛 木曽駒ケ岳                   2018/7/13  プロローグ 木曽駒ケ岳は、青春の山であると同時に、新婚の山であり、今回は3度目のベテランの登山と、相成った。どうやら、山屋には、友人のA氏のように、同じ山を愛し、何度も登るタイプと、できるだけ、多くの山に登る浮気心のタイプとがありそうだが、自分は、後者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二百名山の疑義

 院内トリップの間に、グレートトラバース2の再放送と、退院後に、最終回が放映された。グレートトラバース2は、自分も励まされたし、また多くの人を励ましたようで、その意味では、素晴らしい番組だった。ただし、この「もと」になっている、二百名山については、この番組がスタートした時に、ブーイングのブログを呈していた。果たして、番組の最終盤に、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の百名山

 例によって、正月はテレビ漬けである。2日の愉しみは、箱根駅伝と、その後の高校サッカーだった。例によって、永いCMタイムが難関である。午前中は、ブラタモリが絶好の、裏番組だったが、午後は、昨年やっていた「グレートトラバース」の再放送をやっていた。深田百名山は、実際に登った経験があるので、懐かしさのあまり、ついつい、何度でも魅入ってしまう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百名山その後

 山陰を旅していたら、ローカルの新聞に、シニアの夫婦が、日本百名山を達成した、というニュースが、写真入りで出ていた。ほぼ、同じことを数年前に達成していたので、田舎に住んでいれば、ニュースになったのか、と複雑な気持ちになった。  ところで、百名山が終わったら、皆さんは、何を目標にするのだろう。ちなみに、昨年百名山を達成した陽希さんは、現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二百名山への期待とブーイング

 田中陽希(敬称略)が、昨年のグレートトラバースに続いて「グレートトラバース2」をする、という予告番組(ビデオ)を見てから、同じNHKBSPの「にっぽん百名山(大峰山)」を連続して見た。「にっぽん百名山」は日本百名山をベースにした番組で、ひらがなにしたところが微妙だが、ほぼ同じものと、みても良いかもしれない。  ところで、グレートトラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天変地異 前掛山は登れない

 先に、「天変地異 一切経山は登れない」を書いたばかりなのだが、この度、浅間山も噴火警戒レベル2に引き上げられた。ニュースで、注意深く聞いてはいるが、登山者にとって、最も気になる、前掛山への登山が、禁止なのか、可能なのかは、一切報道されず(6日のNHK関東ローカル番組で報道された)、付近には、観光施設がないので、観光には影響がない、など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那須茶臼岳お鉢巡り

那須茶臼岳お鉢巡り&牛ヶ首逍遥             2015年6月2日  リベンジの茶臼岳だった。かつて、50年ほど前、昭和49年の夏休み最終日、8月31日に那須茶臼岳に登ったのだった。この年は、初めておんぼろのマイカーを購入し、ふる里は九州五島列島から南国土佐にかけて、大ドライブ旅行を実行し、それなりにドライブに自信を持ちつつあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三本槍岳と那須岳

三本槍岳                        2015年6月1日  最近は世知辛い世の中である。デジタルの時代でもある。三本槍岳の頂上付近を歩いていた初老の男性は、片手に「日本百名山」のガイドブックを見ながら登山していた。いつのころか、深田の「日本百名山」がブームになり、ガイドブックの大半は、那須岳のサミットを、三本槍岳にす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤城山再登

 黒檜山は、いきなりの急登だった。それでも、紅葉が盛りなので、落ち葉を踏みながら、岩だらけの、登山道を登って行った。登り詰めると、景色の良い岩だらけの場所があり、猫岩という標識が出ていた。猫岩からは、直下に赤城神社の赤い色、そして赤城大沼の全景が見えていて、まさに絶景だった。天気は、まったくの曇で、紅葉が輝いていないのが残念だったが、ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒姫山研究

 梅雨にすっぽりハマり、青空が恋しい日が続いている。先ごろ、今年の内にぜひ登りたい山として、黒姫山と岩菅山を考えている。その理由は、自分で考えた「百名山」のうち、2番目にあたる「百名山」が、残り3度になっていたことが分かり、その3座に、黒姫山と岩菅山とが入っていたからである。  昭和46年に、深田久弥の「日本百名山」を読んだ時に、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八幡平、茶臼岳

八幡平、茶臼岳                      2014年6月15日  八幡平は、日本百名山に名を連ねているが、深田自身も言っているように、美ヶ原などと並んで、逍遥の山なので、最高地点を踏んでも、あまり達成感がない。美ヶ原なら、麓の牧場から登るべきだし、八幡平も、茶臼岳あたりをぜひ歩いてみたいと、計画していた。昨年10月、紅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正しい日本百名山

 深田久弥氏の「日本百名山」に、正しいも正しくないも、ないとは思うのだが、結構巷には、偽りの「日本百名山」も出回っているようだ。ただし、「日本百名山」には、深田が、山名にこだわった(たとえば、羊蹄山という山名が、定着しているにも関わらず、後方羊蹄山という山名にこだわっているなど)割に、利尻山が、利尻岳になっていたり、本文は「大菩薩岳」な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読売の花百

 駐車場に車を置いたついでに、ちょっと本屋により、「旅行読売6月号」を買ってきた。「百名山、花の旅」というタイトルに、ちょっと魅かれたのと、秋にも予定している四国遍路に向けて「歩いてみました四国遍路」の記事が載っていたためである。花の旅は、巻頭特集で、霧ケ峰、戦場ヶ原、天城山、白山、伊吹山、吾妻山、尾瀬ヶ原、湯ノ丸山、八方尾根、御在所岳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一等三角点の百名山

 断捨離関係の第三弾である。実は、ブログに書かなかった、民家関係の本も断捨離したのだが、こちらの方は、発表はバスである。タイトルの「一等三角点の百名山」は、正確に言えば、ミニ断捨離である。というのも、雑誌そのものは、すでに断捨離していて、リストの部分だけを、Excelのデータに移して、断捨離した。手元には、8種類ばかりの百名山リストがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬岳登山⑥ 栂池高原へ下山

 乗鞍山には立派なケルンがあり、大勢の人が休んでいたが、残念ながら展望もないので、そのまま通過してしまった(10:10)。とにかく、ここからのルートは、息をつく暇がなかった。唯一の慰めが、登山道の真ん中に咲いていた、タカネバラのピンクの色だった。大きな岩の間を登り下りする場合には、ストックなどは、無用の長物で、乗鞍岳で仕舞ってしまうのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬大池 白馬岳登山⑤

 白馬大池は、我々よりも先に、ガスが到着したらしかった。やがて、右手のガスの中に、まるで厳冬の北海道で見たダイアモンドダストのような煌めきが見えてきた。どうやら、さざ波の波濤が、キラキラしてガスの中で光っていたらしいのだが、何とも幻想的な風景で、しばらくうっとりしていた。池が近づくと、湿地性のミズガシワやチングルマ、ハクサンコザクラなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬岳登山③ 白馬岳頂上

 白馬山荘の部屋は、富山県側にある、3号棟3階の19ブロックだった。個室ではないが、2人部屋に、入り口の扉が無いような構造なので、プライベート的には、まあまあの感じだった。とりあえず、疲れたので、昼寝をした。窓の外は相変わらずガスっていて、どうしようもなかった。しかし、明日の天気の保証もないので、とりあえず、43年ぶりの白馬岳頂上への再…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小蓮華山 白馬岳登山④

 8月3日 朝食は、5時からなので、10分ぐらい前に並んでいたら、みんなが日の出を待っている、というので、行列をキャンセルして、外に出た。薄暗かったが、雲海がバッチリと見えていて、雲の水平線が、薄らぼんやりと見えていた。頂上までは行かなかったが、途中の、信州側の崖の上で、日の出を待った。やや雲が多かったので心配したが、しっかりと、太陽が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬岳登山② 大雪渓を登る

8月1日のこの日は、NHKの番組のクルーも、我々と同じコースを歩いていた。積極的には、あまり関わらなかったが、番組が放映されるのが楽しみである。大雪渓には確かに、大きなクレパスが2つほどあったが、慎重に迂回するルートを設定してくれていたので、クレパスの危険は全くなかった。大雪渓は、はるか43年前の8月の20日過ぎに登った経験があるのだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬岳登山① 登山の準備

たかがハクバされど白馬岳          2013/8/2~8/3  2013年の梅雨明けは、とても早かった。梅雨が明けたら、北アルプスへ、北アルプスは思い出の白馬岳へ登ろうと、計画を立てていた。計画を立てる資料として、白馬岳の研究をしてみた。結論は、大雪渓は、落石などが多く、かなり危険なコースであること、ゴールデンコースである栂池…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山バッジ整理

 日本百名山バッジを整理したついでに、残りの山バッジも整理した。そもそも、今までは、バッジは、3種類に分けて、整理していた。①山バッジ②国内の観光バッジ③海外のバッジ、の3種類である。今回、山バッジと、百名山バッジとを分離した結果、いくつか、国内の観光バッジに入れていたものを、山バッジに移行した。たとえば、八方尾根のようなものである。高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再びの白馬岳へ

 今年(2015年)の山の計画がようやく決定した。白馬岳である。百名山サミッターになって、次に何を目標にするか、はなかなか難しい。とりあえず、次に達成したのが、夫婦(めおと)百名山だった。実は、一般的に登頂できる頂には、登ったのだが、お互いに独身時代に登ったのが、白馬岳だった。もし、見事に二度目の白馬岳に登ることができたら、純粋な夫婦百…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本百名山のバッジ

 最近、NHKでは「にっぽん百名山」という放送があり、いまいち「日本百名山」との差異が分からないのだが、最近は、百名山ブームでもあり、いろいろなバリエーションがあるのも、時代の流れかもしれない。百名山は、2011年にサミッターになったのだけれど、山バッジについては、残念ながら、2つばかり欠けている。それはそれとして、百名山のバッジを整理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬岳研究

 この手の登山研究は、百名山の時代は、随分とやったったが、達成後は初めてである。もちろん白馬岳は、初めてではないが、40年以上も昔のことで、登山事情も随分と変わったのではないかと、思う。40年以上も昔は、「猿倉⇒白馬岳⇒蓮華温泉」がメインのルートだった気がするが、昭和55年発行のアルパインガイド「北アルプス」では、「猿倉⇒白馬岳⇒栂池」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

百名山の詳細

 百名山は、もちろん深田久弥の「日本百名山」のことである。自身の百名山は、一昨年の2011年に達成したのだが、同時並行して、夫婦百名山も達成した。データを、詳細に調べてみたら、大菩薩に始まって、大菩薩で終わっていたことが分かった。最初の大菩薩は1968年の単独行で大菩薩嶺に登頂し、振り返って考えれば、百名山の第一号だった。実際に深田久弥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more