アクセスカウンタ

ワイエスイレブンぶらくりさるく

プロフィール

ブログ名
ワイエスイレブンぶらくりさるく
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
北斎とジャポニスムin西美
北斎とジャポニスムin西美  西洋作品 25「日本のモチーフ」(ルイ・エストー) 参考に掲げられていた、北斎漫画が面白く、鯉が抱っこしているのが、面白かった。 48「背中を拭く女」(ドガ) 梅原龍三郎が、西美に寄贈した、パステル画の大作で、きれいな背中だった。 53「舞台袖の3人の踊り子」(ドガ) 油彩画と言うことだが、感覚的には、デッサンに色を付けた感じで、良い作品だった。 60「母と子ども」(カサット) 子どものボースが面白かった。 65「舟遊び」(モネ) いつも、平常展で見ている絵だが、水に映った、影の部分が良かった... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/07 19:30
平成の日本一周
平成の日本一周  平成が、2019年の5月末日までになることが決まった。平成は、結局、31年間強という期間になる。日本一周の意味は、日本にある47の都道府県を旅する、という意味で勝手に使っている。自分の旅歴として、計算はしていないのだが、恐らくは達成している、と思う。と言うのは、21世紀になってからの「日本一周」をカウントしていて、現在、45都道府県を旅して、残りの県が、山口県と佐賀県だからである。今年の秋の長旅で、広島県に行くか、山口県に行くか、迷ったのだが、より近い、広島県を選択したので、次は、山口県になる... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/04 16:28
鬼の形相、大相撲の闇
 まったくもって、今度の日馬富士騒動は、不可解なことが多すぎる。事件だけを見れば、日馬富士が主役だったようにも見えるが、日馬富士が引退した今となっては、貴乃花親方が、どうやら主役の座に就いたようだ。ただし、どちらかと言うと、ダーティーヒーローっぽい報道が、親方日の丸的になされているようで、そのこと自体が、どうやら、大相撲の闇に感じる。大相撲の闇で終われば、まだ良いが、モリカケ問題の様子をみていると、ひょっとして、日本の闇ではないかしら、と思っている。鳥取県警は、まじめに取り組んでいると信じたいが... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/03 07:37
新東名・新名神 秋の安芸旅山陽路H エピローグ
新東名・新名神 秋の安芸旅山陽路H エピローグ  11月11日(七日目) 夜のうちに寒冷前線が走って、雨が降った。朝はすっかり晴れていた。観光は前日までで、この日は2日がかりで帰る日の、前半ということである。予約できたのが、四日市で、簡単な計算で、400qなら、15:00にチェックインできるかな、と目論んでいた。休暇村からもらったパンフレットに、東城の街並みが良い、というので、寄り道をした。車で、8の字に走り抜けたが、確かに古い家があった。当然のことながら、東城ICから中国自動車道を東に向かった。すぐに、岡山県に入った。山陽道は、下関まで走っ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/01 11:02
中学生棋士 誕生
 一力遼八段以来の、中学生棋士が誕生した。名前は、酒井佑規君。平成30年度新入段に内定したそうで、現在13歳の酒井君は、4月には中二になるが、堂々の中学生棋士の誕生である。将棋界には、藤井聡太という、スーパースターが現れて、何かと、比較されることも多いかもしれないが、あまり、そちらのことは気にせず、地道に、しかし、着実に力を付けて、成長してほしいと、心から応援したいと思う。  思えば、2017年は、囲碁界にとって、衝撃的な1年だった。噂では早くから聞いていたが、アルファ碁ゼロという化け物のよう... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/30 16:15
帝釈峡ハイキング 秋の安芸旅山陽路G
帝釈峡ハイキング 秋の安芸旅山陽路G  11月10日(六日目) 朝霧が出ていて、真っ白だったが、8:00に宿を出るころには、すっかり晴れていた。12分に戸河内ICに入り、北広島JCTを過ぎると、再び霧の世界に突入し、久しぶりにフォグランプを点けて走った。8:50に高田ICを下りた後も、霧は続いたが、9:00に安芸高田の資料館に着いた頃に、ようやく晴れてきた。資料館で、100名城スタンプをゲットして、後は駆け足で、毛利氏の資料などを見学した。ここのすぐ裏に、郡山城址があるというので、駐車場まで登ってみた。薬研堀などの遺跡があり、5分ほ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/30 08:32
三段峡トレッキング 秋の安芸旅山陽路F
三段峡トレッキング 秋の安芸旅山陽路F  8:20に宮島口に着き、すぐに、駐車場へ行き、即三段峡に向かって出発した。ラッシュの時刻なのだが、我々は登り路線にもかかわらず順調に走り抜け、8:36に廿日市のインターに入った。高速はいったん西行し、廿日市JCTでUターンする感じで、広島方面にもどり、広島JCTからくねくね走って、9:17に、三段峡入口の戸河内ICを下りた。  三段峡は、古くて新しい観光地である。古い、という意味は、古の昭和の観光地だったという意味である。三段峡正面口という場所は、交流広場を除けば、観光地の化石のような表玄関... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/29 19:21
満潮の厳島神社 秋の安芸旅山陽路E
満潮の厳島神社 秋の安芸旅山陽路E  午前中に、無事弥山登山を終え、厳島神社の入り口に入ったのは、12:30過ぎだった。すでに、建物の床下まで、潮が満ちてきていて、初めての経験に興奮した。そのまま進むと、東回廊の絶景が飛び込んでくるものだから、直ぐ左手にある客神社が、ほとんどの人にそっぽを向かれている感じで、悲しくなってきた。自分一人、参拝をしたのだが、複雑な感じだった。コの字型に回り込むと、先ほどの客神社が、背後に五重塔を従えて、絶景になっていた。この建物は、国宝だし、かっこいいのだが、やはり神社であり、礼拝の対象なので、尊ぶ気... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/29 08:40
宮島弥山登山 秋の安芸旅山陽路D
宮島弥山登山 秋の安芸旅山陽路D  11月8日(四日目) 朝から小雨が降っていた。7時半ごろに駐車場を出て、平和大通りを経由して、国道2号線を走った。バリバリのラッシュの時刻で、ノロノロと車は進んだ。2号線は、途中でバイパスに入るのだが、50分ほどで、宮島口に着いた。適当な駐車場に車を停めて、1泊するんですが、と聞いたら2000円も取られた。今更、引き返せないので、最低の荷物にして、JRのフェリーへ乗り込んだ。8:40のフェリーは、静かに出航した。  宮島へは、仕事での2回を含めて、6回目なのだが、今回、どうしても成就したい目... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/28 14:54
広島街散歩 秋の安芸旅山陽路C
広島街散歩 秋の安芸旅山陽路C  11月7日(三日目) 秋の旅とは称しているが、暦の上では、立冬の日である。曇り空で、冬日っぽかった。前日、広島の三大目的のうちの二つをクリアしたので、この日は、ひろしま美術館を制覇すれば、目的達成なので、昨日車内でチラッと見た、旧日銀を見学するプランを組んだ。広島には、たくさんのフリーペーパーがあるのだが、「旨い!広島・宮島」は、秀逸で、買ってきたガイドブックよりも優れていた。その本によると、「メイプループ」という観光バスが便利だというので、昨日歩いた道を銀山町へ歩いた。美術館のオープンが9:... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/28 08:21
平和公園・原爆ドーム 秋の安芸旅山陽路B
平和公園・原爆ドーム 秋の安芸旅山陽路B  広島平和資料館へ向かう途中、タクシーの運転手さんへ、宮島の話を向けたら、フェリーの爆破予告があり、警戒が厳しかった、という話をしていた。その後も、暗い話題ばかり続き、辟易したが、特に、広島市が被爆建物の保存に力を入れないことや、広島カープのオーナーが悪い、などと愚痴を言っていた。さっそく、平和資料館に入ったのだが、昔の本館は工事中で、新館を見学した。正直なところでは、あまりにもきれいで、逆に言えば、整い過ぎた資料館が、原爆のイメージを、難しくしているような、複雑な気持ちになった。中では、禎子の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/27 16:00
夢の続き
 久々に、藤井聡太ニュースである。NHKの番組表に、藤井聡太50勝達成か、と出ていたので、囲碁・将棋チャンネルを回したら、王将リーグの、一斉最終対局を生中継していた。ほんものの、将棋ファンとしては、こちらの方が、価値がある、と言うことなのだろうと思った。最年少50勝達成、と言うのは、素人的にはインパクトがあるのだろうが、対局数が増えた現在では、将棋ファンとしては、微妙なとこなのだろうか。これより少し前の、藤井聡太ニュースとしては、高校進学のニュースが報道された。将棋界は、一般的に、進学熱が高く、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/22 15:45
広島城、国宝不動院 秋の安芸旅山陽路A
広島城、国宝不動院 秋の安芸旅山陽路A  11月6日(二日目) この日も、高気圧に覆われて、朝から晴れていた。朝一番に食事をすませ、7:20に、倉敷のホテルを出発した。まずは、国道2号線へ向かったのだが、国道が高梁川で片側1車線になるところで、猛烈に渋滞した。それでも、玉島ICには、7:44に入った。ナビは、廉塾にセットして、8:09に福山東ICを出たのだが、思わぬところで、難儀した。というのも、廉塾の大きな標識が国道にはあって、右折したものの、昔の神辺町に入ってからの案内は、賞味期限が切れたもので、とても案内をする代物ではなく、ナビ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/22 15:26
秋の安芸旅山陽路 倉敷@
秋の安芸旅山陽路 倉敷@ 秋の安芸旅山陽路                     2017/11/5〜11/12  11月に入り、行楽の季節である。秋ということで安芸の旅としゃれこんでみた。広島には、ここ数年、旅をしてみたい、とは思いつつも、クルマで行くには遠く、飛行機で行くには、半端な感じがしていて、踏ん切りがつかなかった。そのような中で、ここのところのいろいろな事情で、やっと決心がついた。旅の目的は、ゴッホ最後の作品のある「ドービニーの庭」の観賞と、新装なった平和記念館へ行って、改めて、平和について考えてみたい、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/21 11:50
ヴラマンク展inひろしま美術館
ヴラマンク展inひろしま美術館  1章 セザンヌ期 1「緑色のテーブルの上の静物」 ヴラマンクは、風景の他に、花瓶の花を多く描いているが、初期には、静物画も描いていたようだ。もちろん、セザンヌ的。 8「赤色の屋根」 解説では、キュビズムというが、やはり、とてもセザンヌ的だった。 12「花瓶の花」 ルドンかと思った。 17「川沿いの家々」 水面に映った雲が良かった。  2章 第一次世界大戦後 21「クレイユの通りの光景」 雪でもないのに白くて、ユトリロよりもユトリロに感じた 25「ラ・ナーズの水車」 霧のような風景だった 28... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/21 11:32
ひろしま美術館
ひろしま美術館  第1展示室<ロマン主義から印象派まで> 「刈り入れ」(ミレー) ゴッホが模写した、ミレーの絵である。ただし、ゴッホが模写したのは、この絵を原画にした木版だったようだ。この絵は、パステルだが、農民のズボンの青い色が印象的で、背中に、たくましさが感じられた。 「パリスの審判」(ルノワール) パリスのシルバーと、ビーナスのブロンズが印象的だった。ビーナスの顔は、気合が入っているように感じた。 「トリ・テ広場」(ルノワール) ルノワールの風景画は好きだが、樹や空の表現が良かった。 「セーヌ河の朝」(モ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 15:57
日塩ドラゴン街道 塩原編
日塩ドラゴン街道 塩原編  若い旅も確かに良いが、シニアになってからの旅は、さらに良い、と近頃は、つくづくに思う。確かに、若い、しなやかな感性は素晴らしいと思うのだが、人生をかみしめた、もっとしなやかな感性は、もっと素晴らしい、と思う。ふとしたことに、人生を思い、その積み重ねの経験で、景色を見るので、感動することが多い。紅葉ラインも同じだった。ふと走り抜けた光景に、赤から緑までの、グラデーションが、重厚に重なった紅葉を観た。ほんの一瞬なのだが、素晴らしい感動だった。途中、パーキングごとに、駐車して、写真を撮ったが、白滝の... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/04 15:06
日塩ドラゴン街道 日光編
日塩ドラゴン街道 日光編 日塩ドラゴン街道 2016/10/27  前回、久しぶりに本格ドライブ旅行を楽しんだのだが、世は、紅葉シーズンの真っただ中だった。今回も、基本が温泉ドライブなので、まずは、泊れるホテルをチェックしたら、たまたま塩原温泉に、ダーツが当たったような感じで予約した。塩原温泉は、2度目である。前回(昨年)は、那須岳登山の帰りに、後泊の宿として泊った。その時には、まだ、圏央道と、東北道とがドッキングしておらず、待ち遠しかったことを覚えている。今年は、故あって、温泉ドライブを楽しんでいるのだが、前回... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/04 15:04
天唾の報い
 選挙が終わって一週間になる。安倍総理以下、「謙虚」の連発は、どう考えても、不気味だ。案の定、国会の質問時間の配分を、「民主主義」にしたがってなどと、殺し文句を使って、野党を恫喝している。そもそも、与野党の質問時間の配分は、与党4対野党6だったらしい。これに対して、現在の与党2対野党8の割合にしたのは、ほかならぬ、野党に転落した時の自民党の主張だった。自分たちが言い出しておいて、そのことに対して、言いがかりをつけるのは、まさに「天に向かって唾を吐く」ようなものではないだろうか。「謙虚」の言葉を、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/31 08:51
深山幽谷 横谷渓谷
深山幽谷 横谷渓谷 深山幽谷 横谷渓谷                   10月26日  五色の浅間隠山から下山後は、秋の長雨が続いた。長雨の最後は総選挙と台風21号とが重なり、その後は台風一過の晴が予想されていた。11月には、安芸の旅を計画しているのだが、貴重な秋晴れなので、お馴染みの滝の湯に宿を予約した。出発した25日は、予報がどんどん悪くなり、ついに雨の中の出発となった。もともと、韮崎大村美術館に寄って、行くつもりで、8:20に自宅を出た。さすがに、ラッシュの時刻で、20分ぐらいかかり、日の出ICに入った... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/29 15:39

続きを見る

トップへ

月別リンク

ワイエスイレブンぶらくりさるく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる