アクセスカウンタ

<<  2016年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
福島 福と復の花旅 終章N
福島 福と復の花旅 終章N   4月16日(土) 最終日 二日前に、震度7の地震があったのだが、2日後の16日未明(2:25)に、マグニチュード7.3の本地震があり、広範囲に被害が拡大した。官房長官が出てくる場面で、A首相がいやに張り切ってしゃしゃり出るのが気になったのだが、パフォーマンスをする場面ではないように思った。後に聞いた話では、現場を知らない発言で、強権的に、屋内に避難させる通達が届いて、現場のひんしゅくを買ったらしい。5月には、大分県の由布岳登山を計画していたのだが、地震の範囲は大分県にまで広がったようなので、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/25 19:10
恐るべき、意識調査結果
 世の中は、アベノミクスが「継続」か、「転換」かで、のんきな議論をしているとの報道である。しかし、足元では、恐ろしいような「意識調査」の結果が発表された。参院選挙公示直前の、6月20日に、明治安田生活福祉研究所が発表した「20〜40代の恋愛と結婚に関する調査」である。結婚願望(「できるだけ早く結婚したい」「いずれ結婚したい」)は、年齢が上がるほど低くなるらしい。逆に言えば、20代が一番結婚願望が高いはずである。その数字が、恐ろしいほどに、崩壊してしまったようだ。14年に実施された第8回調査は、2... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/24 18:24
勿来の関 福と復の花旅M
勿来の関 福と復の花旅M  午前中に、この日のメインが終わったので、午後は勿来の関に行ってみた。動きとしては、やや無駄な動きになるのだが、いわき市内に連泊するので、いわき観光に徹するわけである。勿来の関は、茨城県の五浦まで5qの県境にあった。ナビは、高速を指定したが、国道6号を走ったら、ICのある高速並みの国道だったので、我々の選択は、大正解だった。勿来の関は、昔は、ひっそりとした史跡だったのだが、21世紀の今は、一大テーマパークに様変わりしていて、びっくりした。大衆観光としては面白いのかもしれないが、史跡としての静けさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/23 16:44
白川阿弥陀堂 福と復の花旅L
白川阿弥陀堂 福と復の花旅L  4月15日(金) 六日目 昨夜の地震は、「H28熊本地震」と名付けられ、その後も強い地震が頻発していた。旅行で地震、というと5年前に、イスラエルの旅行中に東日本大震災があったのが、記憶に新しい。犠牲者のお悔みと、地震の早い復興を祈りたい。そもそも、今回の旅は、大震災の祈念旅行でもあった。チェックアウトは、11:00なのだが、朝風呂と、ゆっくりの朝食を堪能して、我々としては遅めの9:17に出発した。この日のメインは、白川阿弥陀堂なのだが、途中にある湯本温泉の野口雨情童謡館に寄った。ちょっとレトロ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/22 20:54
塩谷岬、帰還困難地域 福と復の花旅K
塩谷岬、帰還困難地域 福と復の花旅K  南相馬市の南には、原発のある双葉町なのだが、ここに入る地点には、多くの警戒する警官が見張っていたので、異様な感じがした。左右の道路は、帰還困難地域なので全て封鎖されていた。昔は田畑だった地形の場所は、ほとんど枯れた荒野のような雰囲気になっていた。5年間の年月を痛切に感じた。さらに、大熊町に入るとすぐに福島第一原発の標識があった。皮肉な話なのだが、山野のような所は、山桜がやや盛りを過ぎていたのだが、新緑が微妙なオレンジ色のグラデーションになっていて、感動するような美しさだった。次の富岡町には、第... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/15 10:27
生けるマスゾエ死せるアベノミを走らす
 ようやく、宮城谷版「三国志」を読み終えた。今年の正月から読み始めたので、読み終えるのに、半年弱かかったことになる。ちなみに、昨年の正月は、北原版「三国志」を読んだのだった。少々やくざな北原版は、小説としては面白かったのだが、最後が、やや尻切れトンボだった。宮城谷版はその意味では、丁寧な小説だったが、やや書きすぎる傾向があり、もう少しすっきりした方が、小説としては、面白かったような気がする。宮城谷氏は、後書きの中で、四知の楊震と史上、最悪人間である梁冀について、書くことで、これまでの「三国志」は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/14 21:47
南相馬の旅 福と復の花紀行J
南相馬の旅 福と復の花紀行J  4月14日(木) 五日目 雨の朝だった。この日は、ほとんど、観光地には行かず、原発に近いあたりを、通り抜けるだけなので、やや気の重い一日になりそうな予感がした。最初の目標は、相馬市の道の駅だったのだが、ここの少し手前に、百尺観音という磨崖仏があるので、寄ってみた。新しいものだが、雨の中なので、何かさみしげにも思えた。道の駅には、9時少し前だったので、少し待ってから、買いボラの第2弾をした。道の駅の一角には、被災物の展示があり、胸が痛んだ。今回の旅で、一番気にかけていた「一本松」があった。高田の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/06 07:48
松川浦、相馬中村城 福と復の旅I
松川浦、相馬中村城 福と復の旅I  新地から、相馬は10q少々ぐらいの距離らしい。カフェを出発したのは12:40だった。相馬の中村城は、全国に33ある江戸古建築物のある、貴重なお城なのだが、そんなことは無頓着なように思えた。ここも、桜祭りをやっていて、雪洞も飾ってあるのだが、ほとんど人影がなく、幟が風に虚しくパタパタとひらめいていた。ちなみに、古建築というのは、大手門なのだが、確かに17世紀の建築と書いてあった。実は、チョーの付く大昔に、職場の旅行でここ相馬に来たことがある。その時には、松川浦という絶景だけが、印象にあったので、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/04 09:04
おおかみ ソーリー
 アベ総理は、以前から、当ブログで指摘したとおりに、増税の再延期を発表した。そもそも、国民の認識は、「アベノミクスは道半ば」「増税再延期に賛成」らしいので、甚だ、まことにおめでたい話である。ただし、アベ氏が目論んでいた、「増税再延期、W選挙⇒3分の2確保」大作戦は、微妙に齟齬を来たしたことも、事実である。よってアベ氏の修正大作戦は、どうやら、「おおさか維新を取り込んでの、3分の2」大作戦に、変更されたようである。このことは、今回の不信任案の採決や、再延期後の、おおさか維新のコメントで、はっきりと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/02 10:36
浜街道の城跡 坂元城、新地城 福と復の旅H
浜街道の城跡 坂元城、新地城 福と復の旅H  桑折から、ピーチラインを走る予定だったのだが、よくわからないうちに、通り過ぎてしまった。この日3番目の目的にインプットしたのが、坂元神社だった。この神社は、宮城県の山元町にあり、ルートをナビに任せたのだが、阿武隈沿いの国道349を右折して、丸森町というチョーの付くローカルな町を通過した。途中の田舎道は、花吹雪が舞う花道だったのだが、峠を越えると、道は良くなった。しかし、ダンプが行き交う道路になり、復興工事の影響が強く、自然も破壊されているようなのが、ちょっと複雑だった。坂元神社は分かりにくい場... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/02 08:18
旧伊達郡役所、葛の松原 福と復の旅G
旧伊達郡役所、葛の松原 福と復の旅G  4月13日(水) 四日目 朝、福島民友という朝刊の差し入れがあった。それによると、福島県の女将たちが、A首相に、福島観光のサポートをお願いした、という報が出ていた。それは良いのだが、そのために、外国人に来てもらう、というコメントが出ていて、呆れた。その前に、日本人に来てもらう努力をしてもらいたい。この日の予定は、高速で、宮城県の高蔵寺を訪ねる予定だったのだが、福島民友に、桑折のピーチラインの桃の花が満開だ、というので、変更した。まずは、西行に所縁のあるある松原寺へ向かった(8:37)。ピーチラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/01 07:29

<<  2016年6月のブログ記事  >> 

トップへ

ワイエスイレブンぶらくりさるく 2016年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる