「葛野盛衰記」 森谷明子 著

 大河ドラマ「平清盛」に合わせて、森村誠一の「平家物語」を読んでいる。たまたま、次のナンバーが欠けていたので、代わりに読んだのが、この本だった。葛野は「かどの」と呼んで、桂川のことを指すらしい。前半が、桓武天皇の時代、後半がいわゆる平家物語に相当する話で、この地の豪族や平家と、川とが織りなす、不思議な物語だった。この中で、清盛の郎党が、祇園社で騒動を犯した時の、頼長の言いぐさが面白かったので、紹介してみる。「漢(から)の書物に、家来の罪は主君の罪と書いてある」というもので、秘書が秘書が、と言い逃れする小沢氏には、ぜひ読んでもらいたい、話である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック