眼帯オープン どきゅめんとハクナイショーⅧ

 いよいよ眼帯オープンである。その前に、オペ前、オペ中、オペ後でどう見え方が変わるのか、変わったのか、から紹介する。まず、オペ前。両方ともにド近眼だったが、右眼は、網膜剥離の後遺症で、極度の白内障。事実上、視力は無いに等しかった。一方、左眼は、二年ほど前に、単眼での運転免許を取得していた。最初の眼帯オープンは、右眼だった。左眼は、眼鏡をかけていないと、ほとんどぼやけているので、右眼だけの実力で見たことになる。何とか、裸眼でも、モノを見ることができるか、という程度だった。眼鏡をかければ、今までと同じ、眼鏡を外すと、眼帯オープンと同じなので、オペとオペの間中は、眼鏡を付けたり、眼鏡をはずたりして、左眼と右眼を、交互に見ていた。そして、ラストの眼帯オープン。予想をしていたとはいえ、かなりきれいに見えた。もともと、レンズが、近くに合わせて矯正したレンズを入れてもらったので、遠くはぼけてはいたのだが、ド近眼と、ただの近眼との差は、予想よりも大きく、極端な話をすれば、そのままでも、クルマの運転ぐらいは、できそうな、見え具合だった。とりあえず、万歳、万歳。神様、仏様、ご先祖様だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック