薬 どきゅめんとハクナイショーⅩⅠ

 一日三錠の内服薬がようやく終わった。後半は、胃腸がやられたので、正直、ほっとした。通院すると、薬の処方箋が出される。現在は、医薬分離ということで、処方箋を持って、薬局へ行く。ほとんどの人にとっては、薬のジョーシキなのだろうが、薬局からもらった薬の飲み方のプリントは、薬そのものの写真がプリントアウトされていて、間違えないようになっている。飲み薬が1週間分、点眼の外用薬は2週刊ぐらいの容量らしい。だとすると、通院が1ヶ月後などという場合は、ちゃんと2週間分の薬が処方されるのだろうか。
 ところで、目薬の正しいさし方である。眼の大病を患った時に、確かに正しいさし方を聞いた。眼の下をアカンベーしてさす、というものだった。実は、自己流で上下をぱちくり開いて、それまでは点眼をしていた。今回、医院のナースがいうのには、眼の上を切っているので、絶対に下だけアカンベーして、点眼してください、との話だった。理由が明確に分かったので、それからは、アカンベーで目薬をしている。眼の真ん中でさすと、まぶたを閉じることもあるので、下から4分の1のところが、理想的な場所であることも教わった。さすがに、専門のクリニックである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック