日本海ドライブ 十六羅漢岩 みちのく出羽の旅⑬

 
画像
ブルーラインは、すぐに山形県に入り、国道7号線と合流する直前に、突然、十六羅漢岩の標識が目に入った。旅をしたい場所、というのは、何となく頭の中にインプットしているのだが、十六羅漢岩は、何となく気になっていたスポットの一つで、一度は見に行きたいと思っていた。そこで、ナビに逆らって、迷わずに、直進した。ちょっとしたレストハウスと駐車場があり、思っていた薄暗いイメージとは少しばかり違っていた。下界の天気は良かったので、ますます明るいイメージだった。十六羅漢岩は、海岸の岩場に、色々な方向に顔を向けて、我々を迎えてくれた。このような海岸線の、厳しい環境のもとでは、崩壊するのは自然営みにすぎない。しかし、よく観察すると、新しく彫り直した感じがあった。このことが、良いのか悪いのか、痛し痒しの気がした。しかし、そのうちの一体は、明らかに首が取れて、岩の上に乗っかている感じだった。背景に、日本海の白波を入れて写真を撮った。
画像
ここからナビをセットしたら、標識に逆らって、人家のある旧道をしばらく走ってしまった。途中で、国道7号線へ戻り、酒田港ICからで山形道の高速に入った。鶴岡までは有料の山形道を走り、鶴岡JCTから無料の日本海東北道路に入る。この時点で、ナビの新潟到着の予測は、4:30だった。この道路の制限時速は、70㎞/hなのだが、片側一車線なので、後ろのクルマに追いまくられるので、仕方がなくスピードが上がってしまう。酒田や鶴岡には寄ってみたい場所も残ってはいるが、今日は帰るのに忙しいので、そのまま走り抜けた。この道路は、庄内平野を横切り、山間部に入ると長大なトンネルを何本も潜った。税金で造られた道路だと思うと、いささか複雑な気持ちだが、造ったものは、利用しなくては仕方がない。トンネルの道は、文明の道であり、情緒もなく、あまり面白いものではない。この道は、温海温泉ICまで伸びているのだが、出口の先の立派な十字路で、戸惑ってしまった。真っ直ぐは温海温泉と書いていたのだが、新潟方面もしくは、国道7号線方面の標識がないので、右折したら、ナビが反対を表示した。そこで、Uターンをしたのだが、この道は、住宅街を遠回りするルートだった。標識はしっかり付けてもらいたいものだ。本当に、嫌になってしまう。ようやく海岸の国道に戻り、道の駅「あつみ」へ着いたのは、12:00を過ぎで、レストランは満席状態だった。やっと、一席見つけて、タラの焼き魚定食時価というのを食べたが、タラの身がぶつ切りでボリュームがあり、お腹がいっぱいになった。国道7号線はしばらく海岸を走り、やがて山の中を走るのだが、道の駅「朝日」に、13:45に到着した。コーヒーを飲むような気の利いた施設もなく、すぐにここを出ると、2:00ジャストに朝日まほろばICの無料高速に入った。驚いたのは、トラックの行列で、のんびりと走った挙句に、有料区間に入ったら、ほとんどが降りてしまった。豊栄SAは何もない施設で、北海道のSA並みだった。象潟から新潟まで約200㎞、新潟から自宅まで約300㎞の行程だったので、無理しなくて、人気のDI新潟に宿をとった。新潟は、亀田バイパスを走ったが、片側が4車線もある、高速のような道で、DI新潟は、ほぼ3:00に到着できた。ときの湯は、洞窟温泉もあってなかなか良かった。
 10月21日 7:30に宿を出て、亀田バイパス→亀田ICは、昨日の道を引き返した。帰るまでに、信濃川を3度ほど渡ったが、群馬側では、利根川も渡った。休憩したのは、越後川口SA、赤城高原SA、高坂SAの3つで、日曜だが、時刻が早かったので、渋滞の心配はなく、12:30に自宅に戻ることが出来た。
 本来、陸前高田から、青森の三沢辺りを予定していた旅を、大幅に変更して、秋田県を中心に旅した。もとより、東北の応援を兼ねた旅だったのだが、春のように悲壮感はなく、ある意味自分の興味中心の旅だった。こちらの手違いで同じ田沢湖高原にある別の宿をとる、というへまをした。ただ、内容には天と地ほどの差があり、勉強になった。いつも感じることだが、旅に行くと、次に訪ねたくなる旅先が見つかるものだ。今回は、あがりこ大王という鳥海山の麓にある巨樹のことを知った。最近のツアーで、耳にする名前だったのだが、ただ見るだけのつまらない旅ではなくて、一日ゆっくり過ごせば、良さそうなところだった。もう一か所、森吉山という山を、いつか登る山のリストに加えようと思った。現在、新潟から青森まで、日本海東北道という高速が続々と建設されている。高速の旅は、確かに便利だが、国道7号線の旅情を味わうのは、「今」がラストチャンスかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック