『光圀伝』冲方丁著

  『天地明察』でフィーバーした、冲方丁の新作である。光圀といえば、ご存じ水戸黄門様だが、実像は、意外に知られていない。もちろん、黄門様が、ドラマのように、全国を行脚した事実はないわけだが、小説を読んで、あのような物語を作りたくなるのは、何となくわかった。ドラマに登場する介さん格さんも、実在の人物であることが、興味深かった。光圀を理解するには、「伯夷淑斉」の話を知らないと、分かったことにはならないようだ。伯夷淑斉は、二つのおじさんのうち、年上の伯父さんと、年下の叔父さんの漢字を覚えるのに、便利だったのと、自分の意図に合わないので、ワラビだけを食べて、餓死した話しぐらいしか、知らなかったが、たまたま、宮城谷昌光氏の『太公望』と『王家の風日』を読んだおかげで、ちょっぴりだが、時代背景などが分かった。したがって、『光圀伝』を読むのなら、ぜひ宮城谷氏の、どちらかの小説を読むと、分かりやすいと思う。同氏の『管仲』の話も『光圀伝』の中に登場するので、読むと読まないのとでは、小説の理解度が、違うように思われる。
 水戸藩といえば、幕末には、尊王攘夷派として、桜田門の変をはじめとして、血なまぐさい場面に登場するが、これは、藩祖(光圀は、実際は二代目だが、藩に対する影響力としては、藩祖にふさわしい)に近い存在である、光圀の生き様にも、影響があるようで、興味深かった。西山荘などは、一度行ったことはあるが、改めて行けば、違う感想が生まれるかもしれない。ちなみに、先ごろ、小石川後楽園へは、花見に行ってきた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック