海外旅行へ行ってきました

 実際に、「海外旅行へ行ってきました」の報告ではなく、時々ブログに登場させていただく、Y新聞の記事である。1864年に、海外旅行が解禁してからの、2012年までの、海外旅行の推移のデータだった。記事では、真ん中の1992年も含めて、旅行に行った人数、ドルの値段、行き先のベスト3が載っていて、興味深かったので、紹介してみる。1864年は、旅行者が12万7749人、2012年が1849万657人ということなので、100倍以上に増えたらしい。ちなみに、1964年というのは、東京オリンピックの年である。比較のデータとしては、1972年が載っていた。旅行に行った人が、日本人の100人に一人で、ドルが308円とのことである。人気旅先は、①香港②台湾③ハワイだそうで、懐かしい雰囲気である。次の比較が、1992年。日本人の100人に10人が旅をして、ドルは128円だった。旅先は、①ハワイ
画像
②米国③韓国とある。実は、この1992年というのは、実質初めての海外旅行として、香港・桂林へ行ったので、ようやく普通の人が、海外に旅行でも行ってみるか、という雰囲気が出てきた年なのだろうと思う。そして、近々の2012年のデータである。旅行者は、100人に15人ということなので、20年間で、1.5倍というのは、あまり増えてはいないように感じる。ちなみに、ドルは78円だったので、今考えれば、うらやましいかぎりである。驚いたのが、旅行先ベスト3である。①韓国②中国③ハワイとある。現在の雰囲気として、韓国や中国へは、行く気にもならないのだが、実は、この年、尖閣諸島の国有化があり、たまたまこの時に、中国を旅していて、とても怖い目に遭った。正直に言うと、中国や韓国は、日本に近いので、歳をとってからの旅先に期待していたので、とても残念である。タイミングが悪いことに、韓国には、まだ一度も行っていないし、今のところ、行こうとも思わない。
 もう一つだけ、興味深いデータである。ヨーロッパの人気である。1972年で人気があったのが、イタリア、英国。1992年に人気があったのが、フランス、英国。そして、2012年が、ドイツ、フランスである。ちなみに、今年2014年4月は、44年ぶりに、出入国者の数が、逆転したそうである。個人的にも、海外よりは、国内の旅行に軸足を移しつつあるのだが、客観的に見て、全世界と全日本とは、魅力としては、フィフティーフィフティーだと思っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック