みちのくの仏像in東博

  1「聖観音菩薩立像」岩手・天台寺 鉈彫りの名品である。顔と腕は、丁寧に彫られていて、横顔が素晴らしい。男らしい観音像で、オーラを感じる。 2「如来立像」天台寺 素朴に顔立ちで、いかにもみちのくの仏らしい。 4「菩薩立像」山形・吉祥院 頭が可愛らしいので、八頭身に見える。 6「薬師如来坐像」宮城・双林寺 ぽっちゃりの頭部が、まるで白鳳仏のようだった。震災の余震で、脇侍が腕に倒れて、京都で修復したとのこと。 8「薬師如来坐像および両脇侍立像」福島・勝常寺 東北唯一の国宝仏像である。むかしは、黄金に輝いていたらしく、眉毛などに、金箔が残っていた。螺髪がきれいに残っていたのが、印象的だった。堂々たる造りは、やはり都の仏師の作かもしれない。 9「薬師如来坐像」岩手・黒石寺 はるばると、岩手の奥まで足を運んで、拝観に行った、懐かしい像である。眉が吊り上り、アテルイの面影を残すとか、怒りを鎮めるためとかの説があるらしい。二つの大地震、貞観大地震と東日本大震災の地震とを経験した、貴重な仏でもあるらしい。
画像
脇侍の10月光菩薩は、優しい顔立ちだった。 11「聖観音菩薩立像」秋田・小沼神社 何と言っても、頭上の「雪ん子」がめちゃ可愛い。 12「伝吉祥天立像」岩手・成島毘沙門堂 木目がとてもきれいなのが、印象的だった。 13「訶梨帝母」岩手・毛越寺 毛越寺で、とても印象的な仏像で、強烈な記憶があった。日本のマリア母子像だと思っている。 15「十二神将立像・寅神」山形・本山慈恩寺 山形の慈恩寺は、ぜひ訪ねてみたいお寺である。4体が来東博してたが、寅神が丁寧で、良かった。 16「十一面観音菩薩立像」宮城・給分浜観音堂 海岸から100mしか離れていないのに、奇跡的に津波被害から逃れた像とのこと。小品なのに、大作を思わせる像があるが、この像は、逆に大作なのに、かわいらしさのある不思議な仏像だった。 17「地蔵菩薩立像」青森・西福寺 円空スマイルで、瀬戸内寂聴さんに似ていて、ほほえましかった。 18「釈迦如来立像」青森・常楽寺 円空にしては、初期の作なので、丁寧に彫られていたのが、印象的だった。首のところが、愛嬌がある。 19「十一面観音立像」秋田・龍泉寺 左腕が、胴体に溶け込んでいるようで、面白かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック