山高き45番岩屋寺 しこくはっく花遍路⑦

 久万高原町の一角に44番大宝寺があった(11:02)。今回のクルマ遍路では、初めて満車状態に遭遇し、場所探しに苦労した。ここの寺と町には、おくまという婆様が、大師を接待した時に、寺と門前町を作ってもらったというスーパー伝説が、おくま饅頭(納経所に売っていた)の紙に書かれていた。四国遍路のど真ん中(44番)にあたる寺で、中札の霊場ともいうらしいが、苔の生えた巨樹の参道は、確かに霊場のムードだった。
画像
途中の山門がとても立派で、かつての繁栄を偲ばせる寺だった。
画像
ここまで、花遍路として、この季節、必ず花が咲いていたが、この寺と、次の岩屋寺とは、標高が高いらしく、まだ冬枯れの季節だった。ところで、難関の43番から44番までの時間は、車で2時間ということになっている。我々のルートでの結果は、中休憩を入れて、1時間55分で走破したので、時間だけを考えれば、なかなか有効なルートのように、我田引水した。45番岩屋寺は、高原をアップダウンしながら、30分走って、12:12に着いた。ここは、民間の駐車場らしくて、300円の有料駐車場になっていた。45番岩屋寺は、かつては大宝寺の奥ノ院でもあったらしい。駐車場から、220段の山道を20分登り詰めた場所に、寺はあった。大岩峰の中腹の狭い場所にある岩屋寺は、山の上なのに、海岸山という山号は、不思議な山号だが、大師が雲海を詠んだ歌にちなむらしい。
画像
ちなみに、その大師の歌は「山高き 谷の朝霧海に似て 松吹く風を 波にたとえむ」という。残念ながら、体力のない人には、つらい寺なので、登らないで、御朱印だけを人に頼むことも多いようだ。
画像
感じとしては、みちのくの山寺にも似かよった雰囲気で、大師堂の奥には、大師が修業した穴禅定があり、様子については、テレビ番組で見た記憶がある。
画像
興味はあったが、余裕がなかったので、洞窟を拝観して降りてきて、一休みした。(13:15)お昼を過ぎていたので、久万高原町の「天空の郷」という道の駅で、おいしい巻き寿司を買って食べた。実は、この日の予定は、岩屋寺までで、時間が余れば、松山城へ登る予定でいた。しかし、ルートの途中で、46番浄瑠璃寺という看板を見つけたので、こちらの方に寄ってみることにした。例によって、ナビ君のルートを走った。国道33号線は、ループで標高を稼ぐ場所があるのだが、このループの途中に、46番浄瑠璃寺の看板があった。しかし、余りにも狭く、窮屈そうなルートだったので、これはやめて、ナビ君のルートに従った。下りきったあたりに、地図にも無い、ナビ君も知らない開通したばかりの新道があった。半信半疑で、走ってみたのだが、見事な近道だった。一山を越して、向う側の田園地帯に一旦出て、浄瑠璃寺へ向かうと、道は、見事なVターンの坂道になっていた。切りかえすというよりも、先まで走って戻り、この坂を登るとすぐに、駐車場があった。駐車場は、例によって、裏横から境内に入るスタイルだった。
画像
名前がきれいな寺で、椿や、サンショウなどの花もなかなかきれいな寺だったが、大きな樹が茂っていて、どちらかというと、暗い印象もあった。
画像
ところで、45番から46番への時間のことである。公式の時間は、1時間である。我々の新ルートは、25分の中休憩を含んで1時間05分なので、やっぱり我々が走った新ルートの方が早い、という結論にはなりそうだ。ここから、次の47番八坂寺へは、左折の案内があった。しかし、このルートは、本当の一車線の田舎道で、ほとんど歩き遍路の道だと感じた。八坂寺には14:50に着いて、15:10に出た。下から正式に参ると、朱色の橋があって面白いのだが、広々とした駐車場が寺の上横にあり、クルマ遍路の印象としては、とても明るい斜面の寺だった。
画像
辛夷は蕾だったが、梅は満開だった。
画像
いよいよ、チェックインの時刻は迫ったが、48番西林寺は途中なので、無理して寄ることにした(15:13)。最も、納経の時刻は、17:00なので、焦るような時刻ではないのだが、疲れをためないためには、出来るだけ、早めにチェックインして、体を休める旅を心がけていた。西林寺の場所的は、住宅と田園の入り混じったような場所にあり、大和の明るい寺のようなムードがあり、梅や桜の花も咲いていた。
画像
ここから、道後温泉までは、田舎道を走ったが、遍路道だったらしく、49番、50番と通り過ぎ、51番石手寺の前で、左折した。道後温泉本館前の、宿に着いたのは、16:05だった。
画像
ビュッフェスタイルの夕食にしては、なかなか美味しくて、屋上の露天風呂も良かった。観光旅行ならば、道後温泉本館にも入ってみたかったのだが、あくまで遍路旅なので、今回は自重することにした。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック