お茶は美味しい

 旅行中に、面白いニュースを聞いた。確か、一日に緑茶を5杯以上飲む人は、ガンにかかる確率が低くなる、と言ったような内容だった。これだけでは、コーヒーはどうなのだろう、と疑問に思って、新聞を読み直してみたら、コーヒーは一日に3杯飲む人は効果がある、と書いてあった。お茶もコーヒーも、もともとは「薬」だったので、身体には良いと思うのだが、飲み物が好きな自分としては、結構なニュースだった。
 ところで、もう一つ面白いニュースが流れた。スナバしかなかった鳥取県に、スタバが出来て、異常な盛り上がりを見せていたことである。スタバについては、二つの思い出がある。一つは、アメリカの旅行で、たしかどこかの美術館だったと思うが、スタバがあって、不思議となじみがあったので、安心して注文した記憶がある。もう一つは、関越のSAにあったスタバで、ものすごくまずいコーヒーを飲まされた記憶がある。おそらくは、アイスコーヒーと普通のコーヒーと、豆を間違ったのではないのか、と思っているのだが、スタバと言うと、どうもこのことが、トラウマになっている。行かないことはないのだが、選択があれば、行かないような気がする。
 コーヒーは、今でも嫌いではなくて、レストランで、コーヒーか紅茶かのどちらかをチョイスする時には、コーヒーを選択することが多い。ただ、全体とし、かつてはコーヒーが圧倒していたのだが、最近は、お茶が美味しいと感じることが多くなった。一つは、スリランカに行って、結構おいしい紅茶を飲んできたことがあるかもしれない。そもそも、飲み物は、その土地に根差した飲み物が美味しい、と言うのが、いろいろな土地を旅した経験である。その意味でいえば、日本では、日本茶が一番おいしいのかもしれない。最近感じるのは、水が美味しければ、飲み物も美味しい、ということである。たまたま、四国や南紀を旅してきたが、買ってきて驚いたのが、弘法茶とか徐福茶とか、何種類ものお茶を買ってきた。最後は、わざわざ、静岡SAによって、新茶も買ってきたのだが、「お茶は美味しい」と言うのが、最近の傾向ではある。
 ついでに何だが、お茶にも、緑茶や紅茶の他にも、いろいろな「茶」があって、今回買ってきた中にも、ドクダミ茶があった。最近、凝っているのがハーブティーで、主にカモミール系のお茶を飲んでいるが、高じて、カモミールそのものを、園芸店から買ってきた。残念ながら、ローマンカモミールしか手に入らなかったが、自家製の茶を飲むのも、楽しみである。ハーブティーは、睡眠に良い、と言うのが、自分の飲んだ感じである。他には、昆布茶も、愛飲茶の一つである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック