トレ・チーメ ハイキング 絶景花街道伊墺瑞遊山の旅⑤

画像
 アウロソン小屋から、ラバレード小屋の中間地点のチャペルは、コーナーにあり、ここまで来ると、トレ・チーメの大岸壁は、迫力を増してくる。この岸壁に取り付いている人の姿も見えるが、蟻んこよりも小さかった。
画像
さて、10:30にラバレード小屋に着いた。
画像
ここから、峠(ラバレード・パターンセッテ)へは二つのルートがある。自作のガイドによれば「道は、急斜面をトラバースしながら直登するトレイルと、ジグザグに登る右側のトレイルに分かれる」とあるのだが、実際の感じでは、目立つのがトラバースするルートで、何も考えなければ、自然にそのルートに進むようになっていた。我々は、カールをジグザグに登るコースを歩いた。
画像
夏のカールの道は、高山植物がきれいなので、楽しい道だが、この道も楽しかった。M子の表現によれば、ステンドグラスのような青色の、ゲンチアナ・ベルナの花がたくさん咲いていた。
画像
ちなみに、ベルナの意味は「春」らしい。そのまま訳せば「春竜胆」だが、日本にも可愛いハルリンドウがあって、これは別種。むしろ、イイデリンドウが一番似ているように思う。再び、アルプスの三大名花のことである。白色のエーデルワイス、赤色のアルペンローゼ、とくれば、もう一つは青色のゲンチアナ・ベルナであることが、この神秘的な瑠璃色を見ていて、確信することができた。さて、このカールの道の上部には、古代遺跡のようなものがあった。
画像
本当は、第一次世界大戦の遺跡らしいが、このようなものこそ、貴重な遺産なので「人類の遺産」として、ある程度の保護をしてもらいたいと思った。カールを上まで登り詰めると、トレ・チーメが三つに分かれて、はっきりと見える。
画像
ただし、一番小さいはずのピッコロ(小峰)が、一番手前なので、小さく見えないところが、微妙だと言えば、微妙だ。しかし峰の名前を気にしなければ、100%の絶景の道で、すこぶる気持ちが良い。足元には、アルメリア(ハマカンザシ)などの花が咲いていた
画像
が、何と言っても、リシリヒナゲシ(アルペンポピー)が咲き乱れていて、とても感動した。
画像
峠には11:10ごろに到着した。峠まで登ると、前面にアルプス大分水嶺にあたる山々とドライチンネン小屋、そしてトレ・チーメ一周トレイルなどがバッチリと見えていた。
画像
ここでE社名物の、記念写真を撮った。そして11:30までのフリータイムが与えられた。我々は、M子の提案で、もう少し角度の違うところから、トレ・チーメの雄姿を眺めることにして北へ向かった。中腹をトラバースするルートもあったようだが、そのまま広い道を下って行った。11:20の時点で引き返す予定だった。北へ向かえば向かうほど、トレ・チーメが、美形になって行く。11:20になった。目の前に、絶好のテラスポイントが見えた。ここまで来たのなら、毒を食うのも皿までだ、ということで登ってみた。震えるような絶景だったが、あいにく感激に浸る時間的余裕がない。
画像
記念写真を撮って、早々に引き返した。ここから見るトレ・チーメは、ピッコロ(小峰)は小さく、グランデ(大峰)はどっしりとして、オベスト(西峰)は、グランデに負けない存在感を示していた。この辺りも、カールの一部なので、氷河の痕跡というべきか、雪渓が残っていたので、記念に触ってきた。真夏の氷というものは、気持ちの良いものである。
 ラバレード小屋では、山珈琲の余裕はなかったが、トイレを借りた。最新鋭のトイレで、入場はコイン(50セント)を入れる自動改札だった。ここからは、もと来たトレイルを戻るのだが、多くのトレッカーとすれ違った。
画像
ヨーロッパアルプスのトレイルの表現に、乳母車も通れる、という表現があるのだが、本当に乳母車のトレッカーもいた。ただし、この水平道をジープで走るのは、やはり顰蹙もののようだった。一次大戦の慰霊塔については、往く時に紹介したが、帰り道、この近くまで下りてみた。目的は、慰霊塔だったのだが、トレイルから一段下がったあたりは、素晴らしい花園で、興奮のるつぼと化した。
画像
四姑娘山を望むトレイルも、一面の高山植物が咲き乱れて良かったが、この辺りも、勝るとも劣らないような、花の天国だった。ワスレナグサは、混生もするが、ここには群落があり素晴らしかった。
画像
花の種類としては、日本に多いサクラソウが珍しかった。
画像
再び、上のトレイルに戻って、チャペルで、犠牲者にお祈りをしてから12:33にアウロソン小屋に着いた。
画像
残念ながら、トレ・チーメのピンバッジは、売っていなかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック