奇兵隊より強かった共和軍隊

 奇兵隊は、あの高杉晋作が、四民の枠を超えて、創設した軍隊で、幕末最強の軍隊とされている。今回、この奇兵隊よりも3年も早く創設され、同じく四民の枠を超え、しかも無敵の奇兵隊と戦って、奇兵隊に勝った軍隊があったことを知って、びっくり仰天だった。良く言われるように、歴史は、勝者が作り上げたものなので、敗者が、歴史から葬り去られることは、よく知られている。この、奇兵隊よりも強かった共和軍隊とは、フルネームで「日本体育共和軍隊」という。奇兵隊創設よりも3年早い、万延元年キリスト歴1860年に、北畠親房の後裔にあたる僧、北畠道龍によって創設されている。しかも、経緯の良く似た二つの「隊」は、幕長戦争において、直接に干戈を交えている。幕長戦争は、いろいろな名前で紹介されているが、征長の役とも、長州側からは四境戦争ともいわれる戦いで、そのすべての戦いで、長州側が勝っていた、とばかり思っていたのだが、山陽側の最後の戦い(戦闘)において、日本体育共和軍隊が奇兵隊を破ったらしい。この軍隊は、道龍が法福寺の住職で、この場所で旗揚げしたことから、法福寺隊の名前で称されることが多いようだ。この法福寺隊が、最初に勇名をはせたのは、あの天誅組を撃破した(十津川の乱)ことだった。その後、法福寺隊が、歴史に登場するチャンスが二度あったようだ。
 そもそも、明治維新と言う「革命」は不思議な革命で、はっきり言えば、ビジョンがはっきりしないまま、進行したような革命だった。唯一の、ビジョンは、龍馬の「船中八策」とばかり思っていたのだが、新政府の方で、紀州藩の津田出に、新政府のビジョンのお伺いを立てたことは、司馬遼太郎の話しで、知っていた。この津田出の、ブレーンとも言っていい人物が、道龍だった。明治維新は、四民平等、国民皆兵、廃藩置県などで実現した、と言えるのだが、このすべての「改革」を、紀州藩で実現したのが、津田出であり、北畠道龍だった。道龍の目論見では、廃藩置県に対して、どこかの藩が、反乱をするのではないか、と言うことだったらしい。この時点で、日本最強の軍隊は、奇兵隊などの長州藩でもなく、薩摩藩でもなく、すでに近代化を成し遂げていた紀州藩(当然、その中核としての法福寺隊を含む)だったらしい。当時の紀州藩は、「小さいプロシャ」とも称されるぐらいに、「近代国家」の様相を呈していたとされ、当然、この改革の中心が津田と道龍だった。もし、廃藩置県で、どこかの藩の反乱があれば、さっそうと紀州藩が活躍したに相違なく、まったくの「たられば」の話しである。もう一つは、その後の、西南戦争で、政府軍が苦戦していた時に、ほとんど、大阪で、出撃命令を待っていたようだ。どちらも、歴史は、道龍には味方をしなかったようだ。
画像
画像

 近年、天誅組に関係する場所を、偶然に何か所か、巡る機会があったが、もう少し、法福寺隊のことも、知っていれば、違った感慨を味わったかもしれない。余談だが、道龍という人物は、間接的に明治大学史(岸本辰雄)にも登場するし、彼の妻で、日本最初の女性政治犯になった人物西巻開耶などという女性もいて、非常に面白い人物である。ちなみに、「幕末の巨龍伝」津村陽著が、彼の活躍を紹介していて、面白い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック